中国「国慶節」大型連休で6.5億人移動、客殺到で入場制限する観光地も

Record China    2021年10月4日(月) 15時40分

拡大

中国では1日から建国記念日にあたる「国慶節」の7連休が始まった。連休期間中に延べ6億5000万人が国内を移動すると予想されている。写真は泰山。

(1 / 5 枚)

中国では1日から建国記念日にあたる「国慶節」の7連休が始まった。連休期間中に延べ6億5000万人が国内を移動すると予想されている。

その他の写真

中国メディアの毎日経済新聞が4日付で報じたところによると、複数の観光地で、客が殺到したことによる入場制限がかけられた。

山東省泰安市にある世界遺産の泰山では、1日午後4時から2日午前5時までの入場予約数が山頂の最大瞬間受け入れ可能数である1万9000人に達したため、オンラインとオフラインでの入場券販売を停止した。泰山ではその後も時間帯によって入場制限がかけられている。

3000年前に栄えた長江上流文明の三星堆遺跡にある三星堆博物館(四川省広漢市)も2日午前、参観者数が受け入れ可能数に達したとして入場券販売を停止した。

四川省の奥地にある透き通った水が流れる美しい峡谷の九寨溝でも2日、当日分の入場券4万1000枚が午後1時過ぎに完売した。(翻訳・編集/柳川)

この記事のコメントを見る

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携