<卓球>日本が韓国を圧倒し47年ぶり優勝!中国ネットは早田ひなを高評価「伊藤を上回るかも」

Record China    2021年10月1日(金) 17時40分

拡大

カタール・ドーハで開催中の卓球アジア選手権・女子団体決勝で、日本が韓国を3-0で下して47年ぶりの優勝を果たした。写真はWorld Table Tennisウェイボー公式アカウントより。

カタール・ドーハで開催中の卓球アジア選手権・女子団体決勝で、日本(世界ランク2位)が韓国(同4位)を3-0で下して47年ぶりの優勝を果たした。中国ではこの結果を順当と見る声や、ある選手を警戒する声が上がっている。

9月30日(現地時間)に行われた決勝では、第1試合で安藤みなみが3-1でシン・ユビンに勝利すると、第2試合では早田ひな(世界ランク21位)が韓国のエースであるチョン・ジヒ(同14位)とのサウスポー対決を3-1で制して勝利を引き寄せる。第3試合も長崎美柚がイ・シオンに3-0のストレートで勝利し、1974年以来となる優勝を決めた。

アジア選手権は新型コロナの影響で開催時期がずれ込んだため、国内最大のスポーツイベント・全国運動会(9月17~26日)と日程が重なった中国は不参加だった。日本も伊藤美誠平野美宇東京五輪を戦った主力メンバーの派遣は見送った。

アジア選手権の結果について、中国のネットユーザーからは「素晴らしかった」「韓国は日本の二軍相手にもこれではね」「韓国は男女とも日本に勝つのは無理だろう」との声や、「早田は中国にとっての大敵だ」「日本は侮れない。早田ひなと長崎美柚は急成長している。特に早田は背が高く腕が長い。将来的には伊藤美誠を上回るかもしれない」など早田の台頭を警戒する声が上がっている。(翻訳・編集/北田

この記事のコメントを見る

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携