韓国スタバに異変、注文アプリの待機人数は7633人、1時間以上待つ人も…一体何が?

Record China    2021年9月30日(木) 22時20分

拡大

韓国では28日、全国のスターバックスの店頭に長蛇の列ができ、話題を集めている。写真はスターバックスの飲料。

韓国で28日、全国のスターバックスの店頭に長蛇の列ができ、話題を集めている。9月28日、韓国メディア・毎日経済が報じた。

記事によると、28日の午前10時、京畿道河南市のショッピングモール内にあるスターバックスの店舗では、開店前から40人ほどの客が並び行列を作っていた。同時刻、ソウル市恩平区の店舗でも客が殺到し、店内は立って待つこともままならないほどの混雑ぶりだった。

この日店舗を訪れた客の目的は、「グローバルスターバックス」の50周年を記念するイベントに合わせ、特別にデザインされた「リユーザブルカップ」を手に入れること。「リユーザブルカップ」は、スターバックスが地球環境改善のために使い捨てカップを削減する目的で始めた企画であり、この日はオリジナルデザインのグランデ(Grande)サイズ(470ミリリットル)のカップが先着順で無料提供されていた。カップを受け取りに訪れた客のほとんどは20~40代で、友人や子どもと一緒に順番を待つ人も多かったという。

スターバックスにはモバイルで飲み物を注文できる専用のアプリもあるが、この日はアクセスが殺到し、一時は待機人数が7000人を超えたとのこと。中古品の取引サイトでは、午前中からすでに同カップを1個3~4000ウォン(約283~377円)で販売するという投稿も見られ、SNSでは「スターバックス50周年 リユーザブル」というハッシュタグと共に100件以上の「認証ショット」(入手した証拠として撮影する写真)がアップされた。世宗市に住むあるネットユーザーは、「注文して1時間がたつのにまだコーヒーが出てこない」と語っていたという。

スターバックス側は、「2021年7月から済州島の4店舗を皮切りに使い捨てカップを使用しない方針で運営中」とし、「2025年までに全店舗で使い捨てカップを廃止し、リユーザブルカップの使用を拡大する予定」と明らかにしている。

韓国のネットユーザーからは、「そこまでして手に入れたいの?」「何だか情けないな」「私もスタバを愛用してるけど、こういう記念品を好むのは韓国人だけだろうし、異常だという気も」「スタバのカップで飲めばイケてるとでも勘違いしてるのか?」「タダでくれるとしても40分は待てない」など、批判的な声が相次いでいる。

一方では「意味のある企画だけど、スタバはタンブラーを持参した客には半額や無料で飲み物を提供するというイベントをした方がいい」「企業として利益を追求するのは当然だけど、地球環境のためのイベントだと偽るのは問題。こういうプラスチックカップの方がむしろ再利用は困難」など、スターバックスに対する厳しい意見も見られた。(翻訳・編集/丸山

この記事のコメントを見る

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携