高速鉄道の座席レバーを踏んでみたら?ある女性の赤面エピソードが話題に―中国

人民網日本語版    2021年9月29日(水) 9時50分

拡大

ある女性が最近、高速鉄道に乗った際に経験した恥ずかしいエピソードを微博に投稿し、トレンド入りした。

(1 / 9 枚)

ある女性が最近、高速鉄道に乗った際に経験した恥ずかしいエピソードを微博(ウェイボー)に投稿し、トレンド入りした。それは、座席の背もたれを調節しようとして、足元にあったレバーを踏んだところ、同列の座席ごと回転して向きが変わってしまったというエピソードだ。隣の席ですでにウトウト眠りかけていた乗客まで「飛び起きる」事態となってしまい、この女性はとてもばつの悪い思いをしたのだという。

その他の写真

座席足元のペダルは、背もたれを調節するためのものではなく、実は座席を回転させるためのものだ。

なぜ座席を回転させる必要があるのか?

この質問に答えるためには、高速鉄道の車両は前後両方に先頭車両が編成されていることから説明する必要がある。

高速鉄道の車両は通常8両編成で、前後両方に先頭車両がある。ただ走行中は、両方が「先頭」の役割を果たすわけではなく、片方が先頭を走っている間、もう片方は「休眠」状態となる。

列車が終点に到着すると、運転士は反対の先頭車両に移動し、今度は反対方向に向けて列車を運行させることになる。その際には、座席の向きも反対方向に変更しなければならず、乗務員が足元のペダルを踏んで、回転させていくというわけだ。ペダルを踏んで、座席上部の取っ手を握ってぐっと回せば、座席がくるっと回転する仕組みになっている。

では座席の背もたれを調節するには?

二等席の場合、ひじ掛けに付いているレバーを引いて、後ろにもたれて倒し、レバーを放すと固定できる。

一等席の場合、金属の丸いボタンがひじ掛けの内側に付いており、それを押して、後ろにもたれて倒し、好みの角度になった時にボタンを放せば固定できる。席を離れる時に、ボタンを押せば元の位置に戻る。

ビジネスクラスの座席は調節機能が多く、ひじ掛けの内側にある説明に基づいてボタンを押すと、「座る」、「寝転ぶ」を選んだり、上下、前後に微調整したり、好みの位置、角度を記憶させたりすることもできる。(提供/人民網日本語版・編集/KN)

この記事のコメントを見る

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携