Record China

ヘッドライン:

5月13日は反中暴動の日!ベトナム、マレーシア、インドネシアで恐怖の一致―台湾メディア

配信日時:2014年5月18日(日) 18時39分
拡大
16日、台湾ETtodayは記事「恐怖の偶然!ベトナム、マレーシア、インドネシアの反中暴動はいずれも5月13日に起きている」を掲載した。写真はベトナムの反中デモで被害にあった中国系企業。
(1/2枚)

2014年5月16日、台湾ETtodayは記事「恐怖の偶然!ベトナム、マレーシア、インドネシアの反中暴動はいずれも5月13日に起きている」を掲載した。

その他の写真

中国による南シナ海パラセル諸島(中国名は西沙諸島)近海の石油リグ設置を受け、中越関係が緊張の度合いを増している。13日にはベトナム各地で反中デモが起き、打ち壊しや放火などの暴力事件へと発展した。とばっちりで被害を受けたのが台湾企業。ベトナムには台湾企業が数多く進出しており、1000社以上が操業停止に追い込まれた。

東南アジアではこれまで3回の大規模な反中暴動が起きている。1969年のマレーシア、98年のインドネシア。そして2014年のベトナムだ。驚くべきはいずれも5月13日に起きているという事実だ。3度続くと偶然とはいえ無視できない符合だ。東南アジアの華人にとって5月13日は恐怖の日となるのかもしれない。(翻訳・編集/KT)

関連記事

南シナ海でのパワー拡大を継続する中国、中越の船団100隻以上が西沙諸島でにらみ合い―香港メディア

17日、中国が石油掘削を始めた南シナ海の西沙諸島周辺で、中国船とベトナム船のにらみ合いが続いている。香港・大公網は「南シナ海でのパワー拡大を継続する中国、中越船団100隻以上が西沙でにらみ合い」と題した記事を掲載した。写真はベトナムの反中デモ。

Record China
2014年5月18日 14時42分
続きを読む

ランキング