内モンゴルの原始林エリアで「熊出没注意」!かわいい水浴び姿が撮られる―中国

人民網日本語版    2021年9月15日(水) 21時50分

拡大

内モンゴル自治区大興安嶺地区北部の原始林エリアで最近、ヒグマがエサを求めて林業管理保護ステーション周辺に出没。さらに、その近くの小さな池で水浴びをする姿も確認されている。

(1 / 2 枚)

内モンゴル自治区大興安嶺地区北部の原始林エリアで最近、ヒグマがエサを求めて林業管理保護ステーション周辺に出没。さらに、その近くの小さな池で水浴びをする姿も確認されている。気分を和ませてくれるそんな様子を、居合わせたステーションの職員がスマホで撮影した。中央テレビニュースが伝えた。

その他の写真

午後1時ごろ、ヒグマは辺りを歩き回ってエサを探し、その後、池に飛び込んで水浴びを始めた。ヒグマの首から下は完全に水に浸かり、頭だけを水面に出して、まるでお風呂に浸かっているかのようなその姿はとてもかわいらしい。

職員によると、ヒグマは池の中で2時間ほど遊び、午後3時過ぎには陸に上がり、近くの土手を登って、集まっていた人から十数メートルの位置で立ち止まり、少し「対面」してから森の奥へと戻っていったという。

大興安嶺地区北部の原始林エリア・生態機能エリアの総面積は94万ヘクタール以上で、未開発の中国最大の原始林エリアだ。近年、生態保護や修復の活動が一歩踏み込んで推進されており、保護区の自然・生態環境は改善し続けている。また、ここには希少野生動物340種類以上が生息している。(提供/人民網日本語版・編集/KN)

この記事のコメントを見る

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携