中国製造業、11年連続で世界一―中国メディア

Record China    2021年9月14日(火) 5時20分

拡大

中国の製造業は2010年から11年連続で世界一となった。中国工業情報化部の肖亜慶部長は13日、国務院報道弁公室の記者会見で、「製造業大国としての中国の地位がさらに揺るぎないものとなった」と述べた。

中国メディアの中国新聞社によると、中国の製造業は2010年から11年連続で世界一となった。中国工業情報化部の肖亜慶(シャオ・ヤーチン)部長は13日、国務院報道弁公室の記者会見で、「製造業大国としての中国の地位がさらに揺るぎないものとなった」と述べた。

肖部長によると、中国の工業付加価値額は2012年の20兆9000億元(約356兆円)から20年には31兆3000億元(約534兆円)に増加した。うち製造業付加価値額は16兆9800億元(約290兆円)から26兆6000億元(約454兆円)に増加し、世界全体の製造業付加価値額に占める中国の割合は22.5%から30%近くにまで高まった。

中国には41の工業大分類、207の工業中分類、666の工業小分類があり、中国は世界で工業体型が最も健全な国だ。世界主要工業製品約500種類のうち、40%以上は中国の生産量が世界で最も多い。

中国の製造業の競争力は高く、太陽光発電、電気自動車(EV)・プラグインハイブリッド車(PHV)・燃料電池車(FCV)を含む「新エネルギー車」、家電、スマートフォン、消費者向けドローンなどの重点産業は世界の先頭集団に属し、通信機器、建設機械、高速鉄道などの高級ブランドが世界に進出している。

月のサンプルを携え帰還した「嫦娥5号」、火星探査機「天問1号」、水深1万メートル級の有人深海潜水艇「奮闘者号」、グローバル衛星測位システム「北斗3号」など重点分野におけるイノベーションが重大な突破を実現した。

初の国産空母の就役、国産大型旅客機「C919」の試験飛行、世界でも最高難度の技術で最大規模の三峡シップリフト(船舶昇降機)の運用開始など「大国の重器」の目玉が多種多様な形で出現した。

最新の世界企業番付「フォーチュン500」では、中国の工業分野の企業73社が選ばれた。12年比28社増と大幅に増加した。

中小企業の起業とイノベーションも活発で、専門性水準が向上し続けている。これまでに4万社以上の「専精特新(専業化、高精度化、特色化、イノベーション化)」企業、4700社以上の「小さな巨人」企業、600社近い製造業の「単項冠軍(ニッチトップ)」企業が育っている。(翻訳・編集/柳川)

この記事のコメントを見る

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携