ジェンダーレス男子はNG!「限娘令」で芸能人たちが“男性らしさ”のアピールをスタートか

anomado    2021年9月13日(月) 13時40分

拡大

中国当局が関与して芸能界の管理統制が進行する中、「限娘令」の影響によりここ数日で、男性芸能人たちが男らしさをアピールし始めたと報じられている。

中国当局が関与して芸能界の管理統制が進行する中、新たに男性タレントの女性化が粛正の標的となっていることが影響したのか、ここ数日で男性芸能人たちが男らしさをアピールし始めたと報じられている。

中国国家広播電視総局が今月2日、芸能界の管理統制を進めるための8項目にわたる通達を発表し、「娘砲(女性っぽい男性)」のような美意識を否定する内容が含まれていたことに端を発したもの。ジェンダーレスなイメージを禁じる方針は「限娘令」と呼ばれ、該当する男性タレントたちの名前が次々とリスト化されて中国版ツイッター・新浪微博(ウェイボー)にも登場している。

そんな中で、今までジェンダーレスな魅力、柔らかいイメージで人気を集めた男性芸能人たちが、そのイメージを一新する写真を投稿し始め、話題になっている。韓国の人気グループEXOの元華人メンバーで、歌手で俳優のタオ(黄子韜/ホアン・ズータオ)はこのほど、鍛え上げたたくましい上半身をさらす写真をウェイボーに投稿。これまでのスモーキーメイクで彩った耽美なイメージを一新するものとなっている。

なお、タオの場合はウェイボーで拡散される「限娘令」の対象タレントのリストに名前が挙がっていなかったが、先手を打っての対処ではないかと見られている。

男性歌手のツァイ・シュークン(蔡徐坤)はこのほど、ノーメイクの素顔にうっすらとヒゲを生やしたワイルドなイメージの写真をウェイボーに投稿。こちらもこれまでの繊細で柔和なイメージとは正反対となる。ドラマ「陳情令」でブレークした歌手で俳優ワン・イーボー(王一博)も最近、リアリティー番組で髪を短く切った新たなヘアスタイルを披露したが、同じく「限娘令」を意識したものではないかと注目を集めている。(Mathilda

この記事のコメントを見る

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携