ASKAを覚せい剤取締法違反の疑いで逮捕、中国でも反響「子供の頃のアイドル」「やはりとしか言えない」

Record China    2014年5月17日(土) 17時5分

拡大

17日、人気デュオCHAGE&ASKAのASKA容疑者が覚せい剤を隠し持っていたとして、覚せい剤取締法違反の疑いで警視庁に逮捕された。ドラマ「101回目のプロポーズ」が人気の中国でも報じられ、ファンらからコメントが寄せられている。

(1 / 2 枚)

2014年5月17日、人気デュオCHAGE&ASKAのASKA(本名・宮崎重明)容疑者(56)が覚せい剤を隠し持っていたとして、覚せい剤取締法違反の疑いで警視庁に逮捕された。

その他の写真

ドラマ「101回目のプロポーズ」が人気の中国でも、主題歌「SAY YES」を歌ったCHAGE&ASKAは人気があり、ASKA逮捕のニュースは中国でも報じられた。中国版ツイッターにはファンらからコメントが寄せられている。

「えーーーーー」

「大好きなデュオだった。歌がとてもいい」

「子供の頃のアイドル」

「このニュースを転載している人は年齢がバレるね」

「ロック界は汚れてるよな」

「週刊文春の報道があったから『やはり』としか言えない」

「覚せい剤は人を瞬時に天国から地獄に落とす」

「きっと無実だ。警察に聞かれてこう歌ってしまっただけだ…SAY YES」

(翻訳・編集/TH)

この記事のコメントを見る

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携