第19回アジア競技大会でシャオ・ジャンが親善大使に、「安全芸能人」の証明にファンは歓喜

anomado    2021年9月12日(日) 12時0分

拡大

2022年9月に開催される第19回アジア競技大会で、親善大使「公益圓夢大使」に選ばれた歌手で俳優シャオ・ジャン(肖戦)が、浙江省杭州市で行われたセレモニーに出席した。

2022年9月に開催される第19回アジア競技大会で、親善大使「公益圓夢大使」に選ばれた歌手で俳優シャオ・ジャン(肖戦)が、浙江省杭州市で行われたセレモニーに出席した。

「アジアのオリンピック大会」として知られるアジア競技大会は、来年9月10日~25日に杭州市で開催され、40競技482種目が実施される。中国でも盛り上がりを見せるeスポーツが、正式なメダル競技として初めて採用されたことでも注目を集めている。

開幕までちょうど1年となった10日、杭州市でセレモニーが開催され、聖火リレーに使用するトーチが初公開された。また、セレモニーには同大会の親善大使に選ばれたシャオ・ジャンも登場し、テーマソングとなる「我們都将奔赴美好的未来」を初めて披露した。

コロナ禍の影響もあり、ステージ上で歌う姿を久々に見せたシャオ・ジャンだが、親善大使就任を伝えた第19回アジア競技大会の中国版ツイッター・新浪微博(ウェイボー)のアカウントでは、発表からわずか1時間で「いいね」の数が40万を突破、コメントも4万件を超え、驚くべき影響力を示している。

中国では先月末から芸能界への管理統制が厳しくなり、問題行動や発言のあった不徳芸能人を排斥する動きが見られ、複数の芸能人が封殺対象として姿を消す事態に発展している。そんな中でのシャオ・ジャンの親善大使就任は、当局の厳しい審査とチェックをクリアして、何の問題もない上に社会をけん引するパワーを持つタレントと太鼓判を押された証しだとして、ファンの間からは安堵(あんど)と喜びの声が上がっている。(Mathilda

この記事のコメントを見る

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携