韓国大統領選、与党有力候補の陣営に陸軍大将出身者が続々合流「スマート強軍と国民主権国防の夢を実現」

Record China    2021年9月13日(月) 14時20分

拡大

10日、韓国・ヘラルド経済は、大統領選予備選の有力候補・李在明京畿道知事の陣営に「予備役陸軍大将3人が合流した」と伝えた。資料写真。

2021年9月10日、韓国・ヘラルド経済は、大統領選予備選の有力候補・李在明(イ・ジェミョン)京畿道知事の陣営に「予備役陸軍大将3人が合流した」と伝えた。

記事によると、韓国与党「共に民主党」の公認候補を選出する予備選で、李知事の陣営にパク・ジョンジン前第1野戦軍司令官とキム・ウンヨン初代地上作戦軍司令官、ファン・イングォン前第2作戦司令官らが陣営に電撃合流した。李知事の陣営には最近、米韓連合軍司令部副司令官出身のキム・ビョンジュ民主党議員、第2作戦司令部出身のイ・チョルフィ大将も合流していた。

これまでに陸軍大将出身だけで5人が合流しており、政策分野でも国防部企画調整室長を歴任したキム・ジョンソプ博士やヨ・ソクチュ前国防政策室長らが合流している。今回合流した予備役大将は、陣営内のスマート強軍委員会共同委員長に任命され、第4次産業革命と連携したスマート国防の実現公約を準備する予定だという。

予備役軍出身の大挙合流に、李知事は「スマート強軍を一緒に作ってくれる大切な方々が合流してくれた。予備選陣営にこんなに力のある多くの軍将官たちが合流してくれたのは初めてのこと。力を合わせてスマート強軍と国民主権国防の夢を必ず実現する」と述べたという。

これを受け、韓国のネット上では「国防と安保は共に民主党」「いいね。韓国版アイアンドームをつくって誰にも攻撃できない超大国を築こう」と賛同の声が上がっている。

一方で「つい最近も海軍の戦艦でセクハラを受けた兵士が自殺した。それなのに上は誰も責任を取ろうとしない。これがスマート強軍?」「北朝鮮を称える李在明側に付くとは…。本当に軍人出身?ただの日和見主義者」「軍人精神は全くないし、ただの出世欲が強い人たち」「大将たちを集めて北朝鮮のパシリにさせて国を引き渡そうとしてるの?」「国民を倒す権力も持ってるってことか」「不必要な国防費は減らそうとか言ってなかった?」など否定的な意見も相次いでいる。(翻訳・編集/松村)

この記事のコメントを見る

1課わずか20分!ラジオ音声&解説動画で手軽に楽しみながら中国語を学ぼう!
購入はこちら

新疆ウイグル自治区を150回以上訪問、『現代の阿倍仲麻呂』と呼ばれている小島康誉氏。人気コラムが待望の書籍化!購入はこちら

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携