ハルビン‐ボアオの直行便が開通、所要時間は約5時間に―中国

人民網日本語版    2021年9月8日(水) 20時50分

拡大

黒竜江省のハルビン太平国際空港は8日から、海南省ボアオまでの初の直行便を開通。写真はボアオ。

【音声ニュースを聴く】

黒竜江省のハルビン太平国際空港は8日から、海南省ボアオまでの初の直行便を開通。ハルビン市の市民にとっては、海南省に旅行などに行く際に便利な路線となる。ハルビン新聞網が伝えた。

同便を就航するのは東方航空で、エアバスA320型機が投入される。1日1往復で、便名は「MU6655/6」。具体的には、午前9時35分にハルビンを出発し、午後2時45分にボアオに到着。その後、午後3時55分にボアオを出発し、午後9時5分にはハルビンに到着することになる。

ハルビンとボアオを結ぶ直行便はこれまでなく、乗り継ぎが必要だったため、最速でも7時間以上かかっていた。今回直行便が開通したことで、両地は最速で約5時間で結ばれることになる。(提供/人民網日本語版・編集/KN)

この記事のコメントを見る

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携