中国時代劇ドラマの役者に漂う「何か違う」感、ネットで賛否

anomado    2021年9月9日(木) 17時50分

拡大

中国のニュースサイト・観察者網に7日、最近の時代劇ドラマのアイドル役者は「何か違う」と指摘する記事が掲載された。

中国のニュースサイト・観察者網に7日、最近の時代劇ドラマのアイドル役者は「何か違う」と指摘する記事が掲載された。

中国版ツイッター・微博(ウェイボー)で同日、「時代劇の衣装を着た男女主演の顔面偏差値」とのワードが話題になった。この流れで、ある人気微博ブロガーが「ウェブサイトで時代劇のキャスティングを見てきたが、自分が演じてもいいと感じた」とつづった。

同ブロガーは「将軍家的小狐仙」など複数の時代劇ドラマのキャストの衣装姿の写真を掲載した上で、「ドラマにイケメンではない役者が出演してはいけないと言うつもりはないが、許茂山(「仙剣奇侠伝」の脇役)に李逍遥(同作の主人公)の服を着せちゃダメでしょ」と苦言を呈している。

観察者網の記事はこの投稿を紹介し、「思わず昔の時代劇の写真を持ち出して見比べてみたが、どれも配役が素晴らしかった」と指摘。例として、「宝蓮灯」で楊戬を演じた焦恩俊(ジァオ・エンジュン)、「仙剣奇侠伝」で李逍遥を演じた胡歌(フー・ゴー)、「尋秦記」で項少龍を演じた古天楽(ルイス・クー)らを挙げている。

ネット上では、一部時代劇の役者のルックスに対する批判の声が上がったり、ゴン・ジュン(龔俊)やチャオ・リーイン趙麗穎)らの名前を挙げて「本物の美形はどんな格好をしても美形」と称賛する声が出たりする一方、「(美しく見えない)原因の一定程度は(前髪を上げる)古代の髪型にある」「ジャッキー・チェン(成龍)はイケメンか?。役者は演技で選ぶもの」との意見も出ている。(翻訳・編集/北田

この記事のコメントを見る

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携