マーベル映画「シャン・チー」のヒットの立役者、トニー・レオンが33年ぶりドラマ出演を明かす

anomado    2021年9月8日(水) 23時20分

拡大

香港の俳優トニー・レオンがこのほど、テレビ番組のインタビューで33年ぶりにドラマ出演することを明かして話題になっている。

香港の俳優トニー・レオン(梁朝偉)がこのほど、テレビ番組のインタビューで33年ぶりにドラマ出演することを明かして話題になっている。

トニー・レオンは現在日本でも公開中のマーベル・スタジオ最新作「シャン・チー/テン・リングスの伝説」に出演。主人公シャン・チーの父親で、凶悪な犯罪組織テン・リングスを率いるシュー・ウェンウーを演じ、再び世界で脚光を浴びている。マーベル・スタジオの社長ケヴィン・ファイギがこのほどトニー・レオンについて、「初めてお会いした時は言葉を失ってしまった。まさに天から降臨したような異次元のスター」「キャリア初のハリウッド映画にわれわれを選んでもらえたのは、非常に幸運だった」と語り、「シャン・チー」のヒットの立役者であることを示している。

トニー・レオンはこのほど香港のトーク番組でインタビューを受け、「シャン・チー」に続く仕事として、アンディ・ラウ(劉徳華)と18年ぶりに共演する映画「金手指」を撮り終えたほか、今後は上海での映画撮影を控えていることや、来年にはバンクーバーでドラマ撮影を行うことを語った。香港メディアによると、トニー・レオンが語ったドラマ出演が実現した場合、1989年の「侠客行」以来33年ぶりの作品になるという。

このインタビューでは、過去に自身が「36歳で引退」と語っていたことも話題に。トニー・レオンによると、当時はまだ30歳手前で、大量の仕事に翻弄(ほんろう)されて重圧を感じ、苦しんでいた時期だという。現在は引退の二文字はまるで念頭になく、「その苦しみを経験したから今の自分がある」とも語っている。(Mathilda

この記事のコメントを見る

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携