サムスンの新折りたたみスマホ、シェア0%の中国でも異例の人気=韓国ネットは類似品を警戒

Record China    2021年9月8日(水) 12時20分

拡大

6日、韓国・毎日経済は、サムスン電子の最新折りたたみスマートフォン「Galaxy Z Flip3」が国内に続き海外でも大ヒットしており、中国でも異例の販売数を記録していると伝えた。

2021年9月6日、韓国・毎日経済は、サムスン電子の最新折りたたみスマートフォン「Galaxy Z Flip3」が国内に続き海外でも大ヒットしており、「特に愛国消費の傾向が強い中国でも異例の販売数を記録している」と伝えた。

サムスン電子によると、今月2日、中国のライブコマース「淘宝直播」で人気ホスト「薇婭(ウェイヤー)」が「Galaxy Z Flip3」の販売を行なったところ、用意していた3000台が3分で完売した。同ライブ配信は914万人が視聴したという。

記事によると、「中国人ユーザーの多くはOPPO、シャオミ(小米)、ファーウェイ(華為科技)など国産のスマホを購入しており、中国のスマホ市場は愛国消費が強いことで知られる」という。サムスンは一時、中国でシェアトップを記録したことがあるが、昨年は0%まで落ち込んでいる。しかし、「Galaxy Z Flip3」「Galaxy Z Fold3」の公開を機に、雰囲気が変わったという。今月1日から「Galaxy Z Flip3 / Fold3」の事前予約が始まり、発売日の10日まで受け付けているが、事前予約開始前にオンラインで購入の意向を示した待機者は100万人以上と推計されており、実際の予約者はこれをさらに上回ると見込まれる。

「Galaxy Z Flip3 / Fold3」は韓国内でも人気を集め、事前予約だけで合計92万台を販売。先月24日の販売初日には計27万台が販売されたが、その割合は7対3で圧倒的に「Flip3」が多かった。前作まではあまり注目されなかった「Flip」シリーズだが、今年の「Flip3」で改善されたユーザビリティ、洗練されたデザイン、低価格などが人気を集めた理由に挙がっているという。

この記事に、韓国のネットユーザーからは「さすがはサムスンだ。誇らしい」「サムスンを積極支持します」などの声が上がっている一方、「韓国向けの宣伝用記事でしょ」「サムスンからいくらもらって書いたの?」という冷めた声も寄せられている。

また、「サムスンが中国シェア1位だった時、中国メーカーが技術を奪っていった。世界一の産業スパイ国だ」「もうじき偽物が出てくるよ」「技術を盗んで作った中国製品が出たら、またサムスンのシェアは0%になる」という中国に否定的なコメントや、「どうせ一日中使ってるのに折りたたむ必要ある?」「正直、面倒くさくていちいち折りたたみたくない」などのコメントも見られた。(翻訳・編集/麻江)

この記事のコメントを見る

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携