シャオ・ジャン、ヤン・ズーが微博でコメント=「余生、請多指教」放送停止の発表受け

anomado    2021年9月6日(月) 11時20分

拡大

湖南衛視は5日午後、中国版ツイッター・微博の公式アカウントで、9月8日からオンエア予定だった「余生、請多指教」の放送停止を発表した。

湖南衛視(衛星テレビ)は5日午後、中国版ツイッター・微博(ウェイボー)の公式アカウントで、9月8日からオンエア予定だった「余生、請多指教」の放送停止を発表した。

「余生、請多指教」では、「陳情令」のシャオ・ジャン(肖戦)と人気女優のヤン・ズー(楊紫)が共演。2019年11月にはクランクアップしていたがオンエアがたびたび延期になっていた。今年8月に、9月8日からの放送開始が報じられていたが、またしても延期となった。湖南衛視は延期の理由について「チャンネルの調整のため」とだけ述べている。

ただ、中国メディアは放送停止の背景に、加熱するファンの「推し活」問題があると報じている。中国当局は最近、芸能人らのファンコミュニティーの取り締まりを強化しており、シャオ・ジャンやヤン・ズーらの事務所も先月26日にファンに理性的な応援を求める提案書を一斉に発表していた。

今回の放送延期について、ヤン・ズーは微博に「皆さまのご注目に感謝します。(ヤン・ズー演じる)林之校はお会いできない日々もずっと皆さまのそばにいます。林之校との再会を、一緒に辛抱強く待ちましょう」と投稿した。

また、シャオ・ジャンのマネジメントアカウントは「作品の正常な放送調整にご理解、ご支持をいただきありがとうございます」とし、「私は以前、老顧(シャオ・ジャン演じる顧魏)のすべてがうらやましいと言いました。もし彼の人生を花で書くなら、生活の中にいっぱいに植えられたひまわりでしょう。こんな人生が大好きですし、皆さまも太陽に向かって生きてほしいと思います。待っている時間も素敵なものにしてくださり、皆さまありがとうございます」とつづった。

さらに、「今後も“清朗”行動(ファンコミュニティーによる違法行為の取り締まり)の呼び掛けに応じてください。良好なネット環境の建設と維持に一緒に貢献しましょう。皆さまも充実した生活を迎え、地に足を付けてご自身の毎日をしっかりと過ごしてください」と呼び掛けている。(翻訳・編集/北田

この記事のコメントを見る

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携