日本がオマーンにまさかの敗戦、中韓も勝利ならず=「日本は日本らしくなかったが中国は中国だった」

Record China    2021年9月3日(金) 11時20分

拡大

2日に行われたサッカーのワールドカップ(W杯)アジア最終予選グループB初戦で、日本はオマーンを相手にホームで痛い黒星を喫した。

2日に行われたサッカーのワールドカップ(W杯)アジア最終予選グループB初戦で、日本はオマーンを相手にホームで痛い黒星を喫した。

大坂パナソニックスタジアム吹田で行われたこの試合、日本は序盤から攻撃の形を作れず、アウェーのオマーンにあわやのシーンをつくられる苦しい展開。後半にはサイドから崩されてピンチを招き、ペナルティーエリア内でDF長友佑都のハンドを取られてオマーンのPKに。しかし、ここはVAR(ビデオアシスタントレフェリー)で判定が覆り難を逃れた。日本はその後も攻め手を欠き、決定機をつくれずにいると、88分にオマーンに左サイドを突破されて先制を許し、そのまま0-1で敗れた。第2戦は7日にカタール・ドーハで中国と対戦する。

中国のネットユーザーからは「これは中国にとってはまずい展開だな」「日本は中国戦に本気で来るだろう」「日本が2連敗することは考えられないからな」「(日本は)次の中国戦にも負けて、それ以降は負けないでくれ」「良い知らせは日本は思ったほど強くないこと。悪い知らせはオマーンは日本より強そうだということ」などの声が上がった。

一方、その後に行われた中国対オーストラリアの試合は中国が0-3で敗れた。中国のネット上では「卓球中国代表とサッカー中国代表には恐れ入る。一方は誰が戦っても勝てず、もう一方は誰と戦っても勝てない」「日本は日本らしくなかった、オマーンはオマーンらしくなかった、韓国は韓国らしくなかった、でも中国は中国らしかった」「日本戦を見て、もしかして中国は日本に勝てるのではと思ったが、中国はやはり中国だった」などと落胆の声が上がった。

なお、グループAでは韓国がイラクと引き分け、東アジア3カ国は初戦で勝利なしとなった。(翻訳・編集/北田

この記事のコメントを見る

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携