18禁の雑誌も入手し放題…韓国の刑務所はまるで楽園?=韓国ネットは怒り

Record China    2021年9月4日(土) 21時0分

拡大

最近、元受刑者がGPS足輪を外して女性2人を殺害した事件を受け、刑務所の体制に批判が集まっている。写真は雑誌。

最近、元受刑者がGPS足輪を外して女性2人を殺害した事件を受け、刑務所の体制に批判が集まっている。9月2日、韓国・中央日報が報じた。

記事によると、韓国の刑務所・拘置所では現在、すべての成人受刑者に18禁の出版物(アダルト本)の購読を許可している。一般雑誌はもちろん、成人向けのヌード雑誌やわいせつな表現が含まれる漫画も自由に読むことができるという。

この問題は2017年に初めて議論に上り、法務部矯正本部は成人向けコンテンツの搬入を禁止するよう刑務所に指示を下した。しかし2018年には大邱高裁と大邱地裁が受刑者の「不許可処分取り消し請求」を相次いで認めたため、禁止措置は解除に。これは「有害出版物に指定された出版物以外は、購読を認めなければならない」という刑執行法第47条2項に基づく判決だった。裁判所は「受刑者がわいせつな内容を含む雑誌などを所持すれば、健全な社会復帰を害する恐れがある」としたものの、「立法を通じて解決するほかない」と述べており、国会では現在まで法改正が行われていないという。

今回2人の女性を殺害した男は、マスコミの注目を浴びたため、相部屋ではなく1人部屋に入れられる可能性が高いとされる。刑務所ではTVの視聴をはじめ、ラーメンや菓子、コーヒーの飲食も許され、テニスなどの運動をする時間も与えられる。宗教活動も保障され、体調が悪い時は薬も無料で提供。出所後に住む家を借りられるよう、刑務官が代わりに銀行口座へ貯金までしてくれるという。

また受刑者は服役中、勤務時間は「週52時間」と定められているが、刑務官は人材不足のため、8日に1日ほどしか休みを取れないといい、記事は「刑務官よりも受刑者の環境のほうが恵まれている」と報じている。ある刑務官は、「10代から自分の家のように刑務所に出入りしている場合、苦労して逃走するよりもパラダイスのような刑務所に戻るほうが楽なため、すぐに自首をしがち」とし、「根本的に更生手順を改善しない限り、出所と凶悪犯罪を繰り返す人間は減らない」と指摘している。

この記事を見た韓国のネットユーザーからは、「一般の成人にはポルノを見せないようにしておきながら、性犯罪者には自由に見せるなんて…」「人の命を奪った人間になぜ人権が必要なんだ?」「金も仕事もなく、ある程度の年なら、1人部屋で過ごすために重い罪を犯して自首するだろうね。犯罪者に対してここまでしてやるのが本当に法の正義?」「今の10代が犯している犯罪を見て。彼らが大人になるのが恐ろしい」など、怒りの声が寄せられている。

また、「われわれの税金で監獄ではなく宮殿を造っていたのか」「軍隊よりも全然いいね」など、皮肉交じりのコメントも多く見られた。(翻訳・編集/丸山

この記事のコメントを見る

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携