綾瀬はるかがコロナで入院、日本のネット民の「不満」は…

anomado    2021年9月1日(水) 10時50分

拡大

31日、中国版ツイッター・微博で、日本の女優・綾瀬はるかが新型コロナによる肺炎で入院していることが紹介され注目を集めた。写真は綾瀬はるか。

2021年8月31日、中国版ツイッター・微博で、日本の女優・綾瀬はるかが新型コロナによる肺炎で入院していることが紹介され注目を集めた。

日本の情報を紹介する微博アカウントは、綾瀬が新型コロナに感染して自宅療養していたところ症状が悪化して肺炎を併発し入院、治療を受けているというニュースに対する日本のネットユーザーの反応を紹介。一部から「芸能人だから入院ができる」などといった攻撃的なコメントや、社会の医療体制の不公平さ、あるいは不十分さを批判する感想などが見られたと伝えた。

そして、「芸能人だから入院できたのではなく、お金があったから入院できた」「大きな芸能事務所は病院に多額の寄付をしているだろうし、綾瀬本人も多額の税金を納めているから文句は言えない。ただ、問題なのは仕事の都合でワクチン接種を9月まで遅らせたこと。事務所の危機管理能力が疑われる」「肺炎を起こしている中等症では芸能人であるなしに関わらず入院が必要。厳しい意見もあるが、綾瀬本人は何も悪くない」「バーベキューしたりフェスで密集したりする人よりも、税金を多く納めている綾瀬にはしっかりと休養する権利がある。がんばって成果を出した人が優遇を受けられてこそ平等」「十分に感染対策はしていただろうから、それだけデルタ株の感染力が強いということ」「そもそも、批判すべきは入院できる人とできない人を作った政府や指導者」といったコメントに多くの賛同が寄せられたと紹介している。

この件について、中国のネットユーザーからは「社会主義制度の優越性が示された」「イデオロギーは違えど、みんな求めているものは一緒。多くの場所では、最も基本的な要求さえ保障されていない」「日本や米国は医療が発達しているのではないのか。去年、先進国なら3日でコロナを解決できるといったヤツは出てこい」「問題なのは、それでも大部分の日本人が、中国は日本より劣っていると思っていることだ」「ウイルスと共存していくという理論は、感染を防ぐ能力がないことを隠すためのベールにすぎない。つまりは政府が無能ということだ」といった感想が見られた。

また、あるユーザーは「どこの国もネットユーザーの考えていることは同じなんだな」というコメントを残している。(翻訳・編集/川尻

この記事のコメントを見る

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携