シャオ・ジャンやヤン・ズーの事務所がファンに「理性的な応援」求め、提案書を一斉公開

anomado    2021年8月27日(金) 16時20分

拡大

歌手で俳優シャオ・ジャンや女優ヤン・ズーなど人気芸能人の事務所が26日、ファンに理性的な応援や人を攻撃しない発言を求める提案書を一斉に発表している。

歌手で俳優シャオ・ジャン(肖戦)や女優ヤン・ズー(楊紫)など人気芸能人の事務所が26日、ファンに理性的な応援や人を攻撃しない発言を求める提案書を一斉に発表している。

「マナーを備えたネット利用」「穏便な意見交換」「サイバーブリングのボイコット」「芸能人へ理性的な応援」「冷静な発言」の5つをファンに呼びかける提案書を公開したのは、シャオ・ジャンおよびヤン・ズーの個人事務所はじめ、女優ヤン・ミー(楊冪)が設立した嘉行伝媒、俳優ヤン・ヤン(楊洋)らが所属する悦凱娯楽、多くの人気芸能人を抱える耀客伝媒といった業界の代表的な大手事務所。所属タレントが連名でサインをしたものが一斉に公開されている。

中国では今年6月、国家インターネット情報弁公室(国家網信辦)が、ネットで横行しているファン・コミュニティーによる違法行為を取り締まる「清朗」行動を発表。ファンの常軌を逸した行動への締め付けが強化されているが、今回発表されたいずれの提案書にも、この「清朗」行動を積極的に広める意図が記されている。

このほど、女優チャオ・リーイン(趙麗穎)の最新出演ドラマをめぐり、その共演者とされたワン・イーボー(王一博)について、チャオ・リーインのファンが同じ俳優との再共演を拒むボイコット活動を繰り広げ、両者のファンの間で罵声が飛び交うトラブルに発展。チャオ・リーインの個人事務所の中国版ツイッター・微博(ウェイボー)アカウントに対し、運営側が15日間の投稿禁止処分を発表している。

今回、複数の芸能事務所が一斉に公開した提案書については、この騒動の影響が大きいと見られている。(Mathilda

この記事のコメントを見る

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携