丸亀製麺が韓国撤退=韓国ネットは「偶然にしては出来すぎ」とある点に注目

Record China    2021年8月26日(木) 18時40分

拡大

26日、有名うどんチェーン「丸亀製麺」が最近、韓国事業から撤退した。写真は丸亀製麺ホームページより。

2021年8月26日、有名うどんチェーン「丸亀製麺」が最近、韓国事業から撤退した。

韓国・CNBジャーナルによると、丸亀製麺は15日に営業を終えた。

韓国には2012年に進出。日本の本格的なうどんがリーズナブルに食べられるとして人気を博し、全国の主要商圏やデパートに進出し、店舗数を増やしてきた。ところが、2019年夏には日韓貿易紛争をきっかけに始まった日本製品不買運動のメインターゲットとなり、さらに昨年初めからは新型コロナウイルス感染流行の影響も受けて売り上げが低迷。回復のめどが立たず、撤退することになったという。

これを受け、韓国のネットユーザーからは「そんな…」「常連だったのに残念」「以前は長蛇の列が出来ていたのに。信じられない」「駄目!私の丸亀製麺…」「うどんとからあげがおいしかったのに。行かないでくれ(涙)」「ここの野菜かき揚げが大好きだった」など惜しむ声が多数上がっている。

一方で「不買運動の成果だ!」と喜ぶ声も見られる。また、営業終了日が8月15日の光復節(日本からの解放記念日)だったことにも注目が集まっており、「光復節に撤退か(笑)」「よりによってその日に」「偶然にしては出来すぎてる」などの声が上がっている。(翻訳・編集/堂本

この記事のコメントを見る

1課わずか20分!ラジオ音声&解説動画で手軽に楽しみながら中国語を学ぼう!
購入はこちら

新疆ウイグル自治区を150回以上訪問、『現代の阿倍仲麻呂』と呼ばれている小島康誉氏。人気コラムが待望の書籍化!購入はこちら

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携