中国競泳選手も「金メダル剥がれた」、トランポリン女子選手に続き

Record China    2021年8月25日(水) 13時20分

拡大

トランポリン女子の中国・朱雪瑩が東京五輪で獲得した金メダルの一部が剥がれたことを告白し物議を醸す中、競泳で金メダルを獲得した汪順も金メダルが剥がれたことを明かした。写真向かって左から2人目が汪順。

トランポリン女子の中国・朱雪瑩(ジュウ・シュエイン)が東京五輪で獲得した金メダルの一部が剥がれたことを告白し物議を醸す中、競泳男子200メートル個人メドレーで金メダルを獲得した汪順(ワン・シュン)も金メダルが剥がれたことを明かした。

朱は24日に中国版ツイッター・微博(ウェイボー)を更新。「メダルに汚れのようなものがあるのを見つけました。それからしばらく拭いてみたのですが落ちなかったので、爪でひっかいてみました。そうしたら、皮のようなものが落ちました。金粉のようなものではなくて保護膜のようなものでした」と経緯を説明した。

一方、汪はこのほど空港近くで記者のインタビューを受けた際に「スーツケースの中に金メダルが入っていますよ」とにこやかに応答。朱の騒動を念頭に記者が「金メダルは(皮が)剥がれましたか?」と聞かれると、「剥がれましたよ。ひっかいたら…おっ(手を挙げるジェスチャー)…もうひっかけなくなりました」と笑いながら答えた。

中国のネット上では東京五輪のメダルがいわゆる「電子ごみ」から作られたことをやゆしたり、「メダル型のチョコレートではないか」と皮肉ったりする声が上がっている。また、「東京五輪のメダルの品質はどれほど悪いのか」とのワードが微博でトレンド入りしたほか、2008年の北京五輪のメダルが火事に遭った家屋からほぼ完全な状態で発見されたというロシアのニュースを引き合いに自国を称賛する声も上がっている。(翻訳・編集/北田

この記事のコメントを見る

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携