金メダル剥がれた中国選手が心境告白=「交換するつもりない」も落胆の色

Record China    2021年8月25日(水) 12時20分

拡大

東京五輪で獲得した金メダルの一部が剥がれたことを報告した中国トランポリン女子の朱雪瑩は24日、自身の微博アカウントに動画を投稿し、メダルが剥がれた経緯と心境を語った。

東京五輪で獲得した金メダルの一部が剥がれたことを報告した中国トランポリン女子の朱雪瑩(ジュウ・シュエイン)は24日、自身の微博(ウェイボー)アカウントに動画を投稿し、メダルが剥がれた経緯と心境を語った。

朱は23日にメダルの一部が剥がれたことを報告する投稿を行い大きな話題になった。24日の投稿では「(前日の投稿が)トレンド3位になるとは思わなかった。本当に驚いています」とつづった。

動画ではあらためてカメラに金メダルを見せ、「この部分です」と説明。剥がれた跡はあまり目立たないが「ちょっと強迫症になってます。だいぶ剥いたので今はもうあまりはっきり見えなくなっていますね」と語った。

そして、経緯について「天津に戻った後、コーチにメダルを見せた時に彼女(コーチ)がメダルに汚れのようなものがあるのを見つけました。それからしばらく拭いてみたのですが(汚れだと思っていたものが)落ちなかったので、爪でひっかいてみました。そうしたら、皮のようなものが落ちました。それは金粉のようなものではなくて保護膜のようなものでした」と説明した。

そして、微博に投稿した理由について「ほかにメダルを獲得した選手も私と同じような状況がないか聞いてみたかったからです」とし、「メダルを交換したいとは思っていません。メダルはあくまで形で、収蔵品です。より注目すべきで重要なことは、メダルの背景にある選手たちの努力と祖国のために勝ち取った栄誉です」と殊勝に語った。

中国のネット上では、東京五輪のメダルがいわゆる「電子ごみ」から作られたことを取り上げてやゆしたり、「メダル型のチョコレートではないか」と皮肉ったりする声も出ているが、朱は「メダルが回収された金属や古い家電製品から作られていることは知っています。これは剥いてもチョコレートは出て来ませんよ(笑)。この理念は環境保護の観点からだと思いますし、とても良いことだと思います」と話した。

一方で、「メダルを獲得した選手に同じようなことが起きないことを願っています」とも語った。全編を通して朱はやや元気がないようで、「交換したいと思っていない」と言いながらも落胆している様子が伝わってくる動画になっている。

朱は最後に「パラリンピック中国代表選手を応援してほしい」と呼び掛け、動画を締めくくった。(翻訳・編集/北田

この記事のコメントを見る

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携