中国、新型コロナの国内新規感染がゼロに=米CNN「世界で初めてデルタ株流行を抑えた国になる可能性も」

Record China    2021年8月25日(水) 5時20分

拡大

米CNNのニュースサイトは23日付記事で、中国について「世界で初めてデルタ株流行を抑えた国になる可能性がある」と報じている。写真は中国・揚州市内のPCR集合検査場。

中国国家衛生健康委員会は23日、新型コロナウイルスの国内新規感染者について、22日は7月15日以来初めてゼロだったと発表した。中国のニュースサイトの環球網によると、米CNNのニュースサイトは23日付記事で、中国について「世界で初めてデルタ株流行を抑えた国になる可能性がある」と報じている。

CNNの記事によると、中国では、感染力の強いデルタ株が7月20日に初めて検出されて以来、31の省・自治区・直轄市と新疆生産建設兵団の半分以上に広がり、中国の新型コロナウイルス「ゼロトレランス(不寛容)」政策に対する最大の試練とみなされている。

地方政府は、数千万の住民を厳格な封鎖下に置き、大規模な検査と追跡キャンペーンを展開し、国内旅行を制限することで対応。厳格な措置が奏功し、2週間前のピーク時に100人を超えていた1日の感染者数は、直近1週間は一桁となっていた。

中国で22日に確認された感染者21人はいずれも海外から入国後に感染が確認された「輸入症例」で、国内の新規感染者はゼロだった。

この状況が続けば、中国は世界で初めてデルタ株の流行を抑えた国になる。

中国当局は、入国者に対する厳格な隔離措置、的を絞った封鎖措置、積極的なPCR検査・追跡方針で、1年以上にわたって国内新規感染者をほぼゼロに近づけることに成功していた。

中国はウイルスに対するゼロトレランス方針を貫き、ワクチン接種にも力を入れている。中国国家衛生健康委員会は、国内の新型コロナウイルスワクチン接種が22日時点で累計19億4695万4000回になったと発表した。人口100人当たりの接種回数は135回以上で、英国や米国よりも高い。(翻訳・編集/柳川)

この記事のコメントを見る

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携