米メディア バイデン氏の判断ミスを指摘

CRI online    2021年8月24日(火) 9時40分

拡大

米ウォールストリート・ジャーナルは、バイデン政権がピッグス湾事件以来最悪の外交政策危機に直面すると同時に、信頼性が重大な試練に直面しているとの見解を示しました。写真はアフガニスタン。

米ウォールストリート・ジャーナルのウェブサイトは8月16日、記事を掲載し、バイデン政権がピッグス湾事件以来最悪の外交政策危機に直面すると同時に、米国の人気もベトナム戦争におけるサイゴン陥落以来最も大きな打撃を受け、信頼性が重大な試練に直面しているとの見解を示しました。

この記事は、バイデン氏がアフガニスタン問題で3つの判断をしていると指摘しました。まずは米国史上最も長い戦争から秩序立って退くことができると考えていたことです。第二に、タリバンがアフガニスタンで勝利することは米国の世界的な実力と名声に深刻な影響を及ぼさないと考えていることであり、第三には、米国人はアフガン戦争からの脱却を急いでいて、撤退が失敗しても有権者は彼のせいにはしないこと考えているということです。しかし、同記事では、バイデン氏が最初の点で完全に間違い、第二の判断も同じように間違っているではないかと世論が心配していて、3つ目の判断はまだ検証されていないと記しています。(提供/CRI

この記事のコメントを見る

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携