<日中識者対談第26回>歴史認識なき日本が台湾問題に首を突っ込む危うさ

Record China    2021年8月24日(火) 16時0分

拡大

台湾問題もまたまさしく歴史認識問題である。抗日闘争を経て、最後は一つの中国になり、そしてその中国は今や世界のほとんどの国が認めるくにになった。

台湾問題もまた正しく歴史認識問題である。抗日闘争を経て、最後は一つの中国になり、そしてその中国は今や世界のほとんどの国が認める国になった。中国と国交を結ぶ国はみな一つの中国を認めた上で結んでいる。米国も日本もそうだ。米国は力をつけて来た中国を牽制するためのカードとして台湾問題を使ってきたのだ。日本はそんな米国について行ってはいけない。

この記事のコメントを見る

難しい文法もAちゃんがやさしく解説!楽しみながら「おもてなし中国語」をマスターしちゃおう!
購入はこちら

新疆ウイグル自治区を150回以上訪問、『現代の阿倍仲麻呂』と呼ばれている小島康誉氏。人気コラムが待望の書籍化!購入はこちら

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携