<日中識者対談第25回>閣僚の靖国参拝を許す菅首相の危うさ

Record China    2021年8月23日(月) 17時30分

拡大

ここに来て閣僚の靖国参拝が相次いでいる。特に教育を担当する萩生田文部科学相や防衛政策を担当する岸防衛相が堂々と訪問したのには驚かされる。

ここに来て閣僚の靖国参拝が相次いでいる。特に教育を担当する萩生田光一文部科学相や防衛政策を担当する岸信夫防衛相が堂々と訪問したのには驚かされる。当然ながら韓国も中国も批判した。今、日本は韓国との間で戦後最悪の関係にあり、日本は韓国に対し国際法を一方的に破った国は相手にしないと居丈高。靖国参拝を批判されても相手にしないといわんばかりだ。しかし中国はそうはいかない。中国はいまのところ自制している。しかし、もしこれ以上日本が台湾問題で中国の核心的利益を損なうような行動を取れば中国は容赦しないだろう。台湾問題もまた大きな歴史問題であるからだ。

この記事のコメントを見る

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携