中国、和服姿でPCR検査に来た女性に「着替えて来なさい」=中国ネット「これはひどい」

Record China    2021年8月23日(月) 13時20分

拡大

中国福建省廈門(アモイ)市でこのほど、和服を着た女性がPCR検査の会場を訪れたところボランティアスタッフに制止される騒動があったという。

中国福建省廈門(アモイ)市でこのほど、和服を着た女性がPCR検査の会場を訪れたところボランティアスタッフに制止される騒動があったという。中国メディアの九派新聞などが22日付で伝えた。

現場で撮影されたとみられる動画には、ボランティアらが薄紫色の和服を着た女性に「服を着替えてから来なさい」と忠告して会場の外へ案内する様子が映っている。

中国のネットユーザーからは「検査を受けるだけなのに服装の決まりまであるのか?」「愛国にも理性が必要」「中国人の自信の無さの表れだ。和服が一体どうしたというのか。文句を言うならチャイナドレスを着ていない人は全員追い返すぐらいしないと」「これはちょっとひどい。敏感な日時や場所でもないのだから」「(こんな状況で)日本車を街中で運転できるのかしら」など、批判的な声が多数上がっている。

また、女性の和服の胸に名札のようなものが付いていたことから、「近くの店の従業員なのだろう」「仕事着なのだから問題ない」「日本では中国人客を呼び込むために店員が漢服を着たりする。中国の日本料理のお店も同じで、店員が和服を着ることもある。いずれにせよ、彼女を批判するべきではない」などの声も出ている。

中国ではこのところ反日感情が高まっており、広東省広州市のイオンモールでは今月14日からの「夏祭り」イベントが「日本が降伏した日と重なる」などの批判を浴びて中止に追い込まれた。今回は「敏感な時期や場所」でないことなどから、問題視しないという声が多数を占めているようだ。(翻訳・編集/北田

この記事のコメントを見る

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携