中国代表監督がファンに呼び掛け「息子のように応援を」、中国ネット「こんな親不孝いるか?」

Record China    2021年8月24日(火) 23時20分

拡大

サッカー中国代表監督の呼び掛けに、中国のネットユーザーからは反発の声が上がっている。

サッカー中国代表監督の呼び掛けに、中国のネットユーザーからは反発の声が上がっている。

中国サッカー協会はこのほど、中国代表の李鉄(リー・ティエ)監督と2026年まで契約を延長したことを発表した。

李監督は1977年遼寧省瀋陽市生まれ。現役時代はMFとして活躍。2001年には中国代表に選出され、02年の日韓ワールドカップ(W杯)に出場した。W杯カタール大会アジア2次予選を見事に突破し、9月から始まるアジア最終予選に挑む。

中国代表は常に国内のファンから厳しい批判にさらされてきた。李監督は「中国サッカーは息子のようなもの。時に成績が悪いこともあるが、それでも息子だ。成績が悪いからと言って(息子を)要らないとは言えない」と語り、選手らへの励ましと応援を求めた。

これに対して、中国のネットユーザーからは「息子なら引っぱたいても良いですか?」「こんな息子生んだ覚えはない」「うん。息子の成績が悪くても確かに息子は要らないとはならない。でも、私はそんなにたくさんの『お小遣い(給料)』をあげておいて成績が悪いままでいさせることはない」「相当な金をかけているのにテストはいつも不合格、その上トラブルはしょっちゅう起こす。こんな親不孝いるか?」など、反発の声が多数上がっている。(翻訳・編集/北田

この記事のコメントを見る

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携