K-9爆発事故から4年、韓国軍が追悼行事を一方的に中止に=生存者「なぜここまで無関心なのか」

Record China    2021年8月24日(火) 9時20分

拡大

20日、韓国・朝鮮日報は、韓国軍がK-9自走砲爆発事故の遺族と生存者の出席する追悼行事を一方的に中止していたことが分かった。写真はK-9自走砲(韓国大統領府Facebookアカウントより)。

2021年8月20日、韓国朝鮮日報は、韓国軍がK-9自走砲爆発事故の遺族と生存者の出席する追悼行事を一方的に中止していたことが分かり、物議を醸していると伝えた。

記事によると、事故が起きたのは2017年8月18日午後3時19分。江原道(カンウォンド)鉄原(チョルウォン)の射撃場で、陸軍第5砲兵旅団のK-9自走砲が訓練中に爆発した。この事故により兵士3人が死亡、4人が重傷を負った。

事故から4年となる今月18日を前に、韓国軍当局は新型コロナウイルス感染拡大を理由に遺族・生存者が出席する追悼行事を一方的に中止した。国立大田(テジョン)顕忠院で毎年行われていた追悼式も行われなかった。陸軍側は「18日の追悼行事は、新型コロナのため現役部隊員を対象に実施した。参謀総長のメッセージは遺族に対しては送ったが、生存者には送れなかった」と説明したという。

事故当時、宋永武(ソン・ヨンム)元国防部長官は「原因を徹底的に究明して再発を防止し、犠牲者に最高の礼儀を尽くす」と述べた。キム・ヨンウ元陸軍参謀総長も「崇高な犠牲精神が無駄にならないよう、しかるべき礼遇と後続措置に万全を期す」と約束していた。しかし4年が過ぎた現在、現職の徐旭(ソ・ウク)国防部長官、南泳臣(ナム・ヨンシン)陸軍参謀総長は生存者へのメッセージも送っておらず、記事は「事故が忘れ去られてしまうのではないか」と指摘している。

生存兵のイ・チャンホさんは取材に対し「事故から5年までは軍当局で追悼式を行うことにしていたが、数日前に外部の人の出席が難しいという通知を受けた。私たちが出席できる方法を一緒に考えてほしかったが、実現しなかった」と話したという。

なお文在寅(ムン・ジェイン)大統領は18日、国立大田顕忠院で開かれた洪範道(ホン・ボムド)将軍(韓国で独立の英雄とされ、死去から78年ぶりに遺体が故国・韓国へ引き渡された)の埋葬式に出席した。この知らせをニュースを見て知ったというイさんは「大統領は埋葬式には行くのに、私たちにはなぜここまで無関心なのかと寂しさを感じた」とも話したという。

これを受け、韓国のネット上では「国を守って命を落とした軍人には目もくれない大統領と国防部」「4年でこの国はどうなっちゃったの?」「独立運動家の遺骨を持って来てショーはするくせに、国を守って事故に遭った兵士は冷遇だなんて」「韓国軍には期待しない方がいい」「国が自分たちを守ってくれるという信頼など、とうの昔に消えた」など批判的な声が上がっている。(翻訳・編集/松村)

この記事のコメントを見る

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携