時速250キロ!中国最東端の高速鉄道「牡佳高速鉄道」が試運転―黒竜江省

人民網日本語版    2021年8月22日(日) 13時30分

拡大

黒竜江省の牡丹江市とジャムス市を結ぶ牡佳高速鉄道の初の試運転列車が19日午前8時16分、牡丹江駅を出発した。

(1 / 4 枚)

黒竜江省の牡丹江市とジャムス市を結ぶ牡佳高速鉄道の初の試運転列車が19日午前8時16分、牡丹江駅を出発した。これにより、中国最東端に建設された高速鉄道は試運転段階に入り、9月末に全線開通・営業を開始する予定。人民網が伝えた。

その他の写真

黒竜江省東部に位置する牡佳高速鉄道は全長371.6キロメートル、設計時速250キロメートル。今のところ中国で最東端にある高速鉄道だ。同高速鉄道は2016年11月に着工、2020年11月に全線のレール敷設が完了した。牡丹江、林口南、鶏西西、七台河西、樺南東、双鴨山西、ジャムスの7駅が設けられている。牡丹江駅とジャムス駅以外の5駅は新たに建設された。(提供/人民網日本語版・編集/KM)

この記事のコメントを見る

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携