AI「スマートアイ」、広東高速道路の不具合を効率的に検査―中国

人民網日本語版    2021年8月22日(日) 17時10分

拡大

人工知能技術を使ったスマート交通一体化プラットフォーム不具合検査モジュールの試験運用が17日より、正式に広東省高速道路の不具合検査で開始された。

人工知能(AI)技術を使ったスマート交通一体化プラットフォーム不具合検査モジュールの試験運用が17日より、正式に広東省高速道路の不具合検査で開始された。これにより広東高速道路の不具合検査は高頻度、高効率、スマート化の段階に入った。中国新聞網が伝えた。

スマート交通一体化プラットフォームにはAI演算、スマート分析及び応用のいくつかの部分が含まれる。専用のスマート化総合道路画像収集車により路上の画像情報を集めた後、AIアルゴリズムエンジンと結びつけ、すべてのデータソースを統合し、すべての画像データの結果に対する自動検出により、不具合を正確に識別・鑑定する。そしてこれに基づき道路巡回計画、メンテナンス計画、管理方針決定などを速やかに調整する。

同プラットフォームのこのAI「スマートアイ」により、道路の不具合の検査効率と精度が大幅に上がった。AIアルゴリズムによって検査される画像は1日当たり55万枚以上に対して、人の目による検査は1日当たり1万4000枚であるため、後者の40倍近くになる。同時に検出率は99%、正確率は95%に上り、同様に人の目による検査を上回る。(提供/人民網日本語版・編集/YF)

この記事のコメントを見る

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携