廃棄食材を使用していた韓国マクドナルド、「バイトがやった」とうその主張まで?=韓国ネットで批判続出

Record China    2021年8月19日(木) 10時30分

拡大

17日、韓国・時事ジャーナルなどによると、廃棄食材を使用したとして物議を醸す韓国マクドナルドに、今度は「虚偽の主張」をした可能性が浮上している。写真は韓国のマクドナルド。

2021年8月17日、韓国・時事ジャーナルなどによると、廃棄食材を使用したとして物議を醸す韓国マクドナルドに、今度は「虚偽の主張」をした可能性が浮上している。

記事によると、韓国警察はマクドナルドを食品衛生法の疑いで捜査している。今年1月、ソウルのある店舗で廃棄予定のバンズやトルティーヤなどを捨てずに使用していた事実が明らかになったため。消費期限が書かれたステッカーの上に新しいステッカーを貼り付ける方法が用いられ、こうした手法は昨年から1年近く行われていたという。

韓国マクドナルドは今月4日と6日に謝罪文を発表し、「廃棄食材の使用はアルバイトがやったことで本社とは無関係」と説明。アルバイトに対して3カ月の停職処分を下したと明らかにした。ところが、これが「責任転嫁だ」としてさらなる波紋を呼ぶことに。さらに、他の店舗でも同じことが頻繁に行われていたという証言が相次ぎ、組織的あるいは本社の黙認やほう助の下で行われた可能性が提起されている。

一部では、今回の韓国マクドナルドの対応が2016年のハンバーガー病(溶血性尿毒症症候群・HUS)問題の時と同じだという指摘も出ているという。ハンバーガー病問題は直接的な因果関係を明らかにできず一段落するかにみえたが、マクドナルドが検察の捜査を受ける過程で職員に虚偽の供述を強要したという疑惑が持ち上がったため19年の国政監査で再び取り上げられた。後にそれが事実であったことが発覚し、ブランドイメージに深刻な打撃を与えた。マクドナルドが自主的に消費期限シールを貼り始めたのはこのためだという。

そのため今回の問題を受け、政界や市民団体を中心に韓国マクドナルドへの批判の声が高まっているという。

韓国のネット上では「ステッカーを貼り換えてたとは…。鳥肌が立った」「こんなに問題が相次ぐならいっそ永久追放した方がいいのでは。良心的な企業じゃない」「どれだけ消費者をバカにしているのだろう」「ステッカーを貼り換えてバイトが得することなどある?」など韓国マクドナルドに対する批判が続出、「不買運動しよう」「韓国マクドナルドの問題は一度や二度のことじゃない。これは政府が強制撤退を検討すべき」と厳しい対応を求める声もあちこちで上がっている。

また「韓国は法律が甘いから、一時問題になるだけでこれからも同じようなことが続くだろう」「マクドナルドだけじゃない。韓国の製薬・食品会社の多くでラベル貼り換えが行なわれ、それを取り締まらない所轄官庁も問題」と指摘する声や、「最近BTSとコラボして大分稼いだようだけど、今回のことでおじゃんになりそうだね」との声も寄せられている。(翻訳・編集/松村)

この記事のコメントを見る

難しい文法もAちゃんがやさしく解説!楽しみながら「おもてなし中国語」をマスターしちゃおう!
購入はこちら

新疆ウイグル自治区を150回以上訪問、『現代の阿倍仲麻呂』と呼ばれている小島康誉氏。人気コラムが待望の書籍化!購入はこちら

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携