「靖国神社に行った」と非難の俳優チャン・ジョーハン、時代劇「琅琊榜」の出演シーンはカット

anomado    2021年8月17日(火) 19時20分

拡大

数年前に靖国神社に行ったとみられることなどが伝えられて激しい非難を浴びている中国の俳優チャン・ジョーハンについて、人気時代劇「琅琊榜」の出演シーンをカットされたことが分かった。資料写真。

2年前、東京の乃木神社で友人の結婚式に出席したことや、その前年に靖国神社に行ったとみられることが伝えられて激しい非難を浴びている中国の俳優チャン・ジョーハン(張哲瀚)について、人気時代劇「琅琊榜(ろうやぼう)~麒麟の才子、風雲起こす~」の出演シーンをカットされたことが分かった。

中国版ツイッター・微博(ウェイボー)には16日、「山東衛星テレビが現在放送中の『琅琊榜』に出てくるチャン・ジョーハンのシーンを削除したことをネットユーザーが見つけた」との投稿が出現。一方、中国のサイトには、「放送を維持するために山東衛星テレビは尽力した」とする記事も掲載されている。

チャン・ジョーハンをめぐっては代表作「山河令」のキャストから名前が消え、音楽プラットフォームから楽曲が削除されるなどの動きも起きているといい、「琅琊榜」については中国のネットユーザーから「支持する」「一部シーンのカットだけで良かった。作品が撤去されたら涙が出る」などの声が上がっている。(翻訳・編集/野谷

この記事のコメントを見る

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携