伊藤美誠、シングルス銅メダル「涙の理由」を語る=中国ネットでは中傷いさめる声も

Record China    2021年8月17日(火) 14時20分

拡大

東京五輪で金、銀、銅メダルを獲得した卓球の伊藤美誠が中国メディアのインタビューに応じ、「涙の理由」を語った。

東京五輪で金、銀、銅メダルを獲得した卓球伊藤美誠が中国メディアのインタビューに応じ、「涙の理由」を語った。人民日報が16日付で伝えた。

伊藤はシングルス準決勝で中国の孫穎莎(スン・インシャー)に0-4で敗れたことに言及し、「(完敗は)なかなか今までなかった。ここまでやってきて、もっと自信を持って戦っていたので、簡単なミス、難しくないボールに対するミスが結構あったので、孫選手に余裕を持たれたというか、簡単に勝たせてしまった。孫選手は考えなくても自然と余裕を持って試合に臨めていたので、段々孫選手がリラックスして試合できるようになっていたんですね。でも私は1点を取るのに必死というか。私が逆に考えすぎてしまっていました」と分析した。

また、「(完敗して)悔しい気持ちはありましたけど3位決定戦がすぐあったので、反省というよりは気持ちを切り替えて、その試合が終わった後、勝った後にもっと悔しくて泣きました」と笑顔で語った。

東京五輪期間中、中国のネット上では、伊藤が混合ダブルスの試合中に笑みを浮かべたことや強気な発言などが相手へのリスペクトを欠くなどとして批判の声が殺到。シングルスで孫に敗れると伊藤への中傷ややゆが噴出した。今回の伊藤のインタビューに対しても、依然としてネガティブな声が寄せられているが、一方で「アスリートが試合を振り返ることは正常だ。アスリートを尊重しよう」「私は彼女の出現は中国の成長を促したと思う。理性的に彼女の話を見るべき」「伊藤はもともと実力がある。将軍になりたがらない兵士は良い兵士ではない。試合で勝ちたいと思うのは当然。それに、彼女は何か大きな間違いをしでかしたわけでもない」といさめる声も出ている。

このほか、「ライバルも強くなる。良いことだ」「真実のインタビューを多く報じるのは良いこと。相手を理解して自分の視野を広げられる」「彼女の(ポニーテール)髪型、試合の時よりもずっとかわいいね」「多くはメンタルの問題だろう。孫穎莎はメンタルが安定していたが、伊藤は動揺していた。教訓にすればいい」などの声も上がっている。(翻訳・編集/北田

この記事のコメントを見る

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携