駐日ドイツ大使館のツイートに日本人反発、韓国人や中国人も参戦―独メディア

Record China    2021年8月16日(月) 22時20分

拡大

15日、独国際放送局ドイチェ・ヴェレは、駐日ドイツ大使館のツイートが一部日本国民の自尊心を傷つけたと報じた。写真は長崎。

2021年8月15日、独国際放送局ドイチェ・ヴェレは、駐日ドイツ大使館のツイートが一部日本国民の自尊心を傷つけたと報じた。

記事は、今月9日の長崎原爆投下の日に駐日ドイツ大使館のツイッターアカウントが日本語で「広島と長崎は核戦争の狂気を物語る象徴的存在です。発端はドイツと日本のナショナリズムと軍国主義によって始まった戦争でした」と書き込んだと紹介。このツイートに対し「ネトウヨ」と呼ばれる日本の一部ネットユーザーが、戦争に関して日本とドイツを同一視したことに対して怒りを示し「大使館の戦争に対する考え方が浅薄すぎる」「ドイツは自らが戦争を起こした罪を否定していないものの、日本と同一視していることは無知の現れだ」といったコメントが寄せられたと伝えた。

また、昨年8月6日の広島原爆投下75周年の日にも、ドイツ大使館が発表したマース外相のメッセージ中に「被ばく、死、病、苦しみ。これらはみな、ナショナリズムと軍国主義が渦巻く中ドイツと日本が始めた戦争によりもたらされた」との表現があり物議を醸したとしている。

その上で、1年前に物議を醸した際には日本の「ネトウヨ」が主に反応したにとどまったのに対し、今回のドイツ大使館のツイートに対しては中国人や韓国人からも感想が寄せられたと紹介。「日本は本当に歴史を知らないのか。日本は第二次大戦中、アジアのナチスだった」「ドイツは少なくとも自らの誤りを認めているのに、日本は依然として被害者面しているではないか」といった中国語のコメントが見られたとした。

また、韓国のネットユーザーからも「日本もドイツ同様に戦争の罪、責任を認め反省してほしい」「ドイツは自らの過去を忘れないことで許しとリスペクトを得た。かたや、別の国(日本)は自分たちの汚い歴史を忘れてしまっている」との書き込みがあったと伝えた。(翻訳・編集/川尻

この記事のコメントを見る

難しい文法もAちゃんがやさしく解説!楽しみながら「おもてなし中国語」をマスターしちゃおう!
購入はこちら

新疆ウイグル自治区を150回以上訪問、『現代の阿倍仲麻呂』と呼ばれている小島康誉氏。人気コラムが待望の書籍化!購入はこちら

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携