俳優チャン・ジョーハンがブレーク半年で受難、相次ぐスキャンダルは「呪われた2021年」か

anomado    2021年8月16日(月) 21時50分

拡大

過去の行動によって1日で25社のイメージキャラクターを失った中国の俳優チャン・ジョーハンだが、今年は芸能界にとって「呪われた2021年」ではないかとネットでも驚きの声が上がっている。

過去の行動によって1日で25社のイメージキャラクターを失った中国の俳優チャン・ジョーハン(張哲瀚)だが、今年は芸能界にとって「呪われた2021年」ではないかとネットでも驚きの声が上がっている。

ドラマ「山河令」でブレークした俳優チャン・ジョーハンについて今月12日、2年前に東京都にある乃木神社で友人の結婚式に参加していたとの報道が飛び出した。さらにこの前年には靖国神社へ行っていたことも明るみに出て、バッシングの対象に。13日には、チャン・ジョーハンを広告に起用する企業が次々に契約打ち切りを表明し、その数は25社、計27個の広告を数えている。

「山河令」は中国で今年2月から配信され、ダブル主演の1人、チャン・ジョーハンはこの作品で大ブレーク。今回、騒動が浮上するとすぐに謝罪を行ったチャン・ジョーハンだが、共産党機関紙・人民日報や国営テレビ・中央電視台(CCTV)も“封殺”対象になる愚行だと厳しい批判を行っており、ブレークから半年で苦境に立たされることとなった。

なお、今年は1月に女優ジェン・シュアン(鄭爽)に、代理母に依頼しての出産や、生まれた子ども2人の養育を放棄したことなど、スキャンダルが発覚。デビュー以来12年の人気は地に落ち、そのまま封殺対象となっている。また先月末には、歌手で俳優クリス(呉亦凡/ウー・イーファン)に、未成年女性への性的暴行疑惑が発覚。現在は公安局に刑事拘留されている。さらに今月に入ってからは、男性歌手のフオ・ズン(霍尊)に乱れた女性関係が発覚し、14日には芸能界引退を表明。名の知れたスターの致命的なスキャンダルが続いていることで、ネットでは「呪われた2021年」との声も上がっている。(Mathilda

この記事のコメントを見る

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携