韓国社会に”のり巻き恐怖症”が拡散?専門店の恐ろしい衛生状態とは…=韓国ネット「もう食べられない」

Record China    2021年8月14日(土) 18時30分

拡大

12日、韓国・マネートゥデイは、キンパの名店で大規模食中毒が発生したことにより韓国社会全体に「キンパフォビア」が拡散しているが、キンパ専門店の衛生状態はいまだ改善されてないと伝えた。写真はキンパ。

2021年8月12日、韓国・マネートゥデイは、キンパ(韓国風のり巻き)の名店で大規模食中毒が発生したことにより韓国社会全体に「キンパフォビア(恐怖症)」が拡散しているが、キンパ専門店の衛生状態はいまだ改善されてないと伝えた。

ソウル近郊の京畿道・城南市にある有名フランチャイズ店「魔女キンパ」の2店舗で先月末から今月初めにかけて集団食中毒が発生し、276人が下痢や腹痛、発熱などを訴えた。調査の結果、原因はサルモネラ菌であることが分かった。被害者らは集団訴訟を検討しているという。

マネートゥデイの記者が無作為に選んだソウル市内のキンパ専門店10店を調査したところ、会計と調理を同じ人が担当している店は6店だった。ある店では客から注文を受けた店員が素手でキンパを巻き、その手で会計をした。さらに、床に落ちた食材を拾ってそのまま使用する場面も見られたという。

また、キンパを巻く際に調理用手袋を使用する店も多かったが、ほとんどが同じ手袋を使い回していた。

記者は6店のキンパを実際に購入したが、中にはツンとした臭いが鼻につき、食べられないものもあったという。

ある市民は「調理用手袋をはめたまま調理と会計をする店が多いが、カードや現金についた細菌がキンパに付着しそうで心配だ」とし、「外で買って食べるより家で作って食べる方が衛生的だと思う」と話したという。

「魔女キンパ」での集団食中毒事件発生後、キンパ専門店の売り上げは急減している。ソウル・麻浦区にある店では、事件後に売り上げが40%以上減少したという。

こうした状況を受け、韓国政府は今月9日から20日まで、17の地方自治体とキンパを販売する約3000店の衛生管理状態を調査しているという。

これを見た韓国のネットユーザーからは「キンパを素手で巻くって本当なの?もう外でキンパは食べられないな」「調理用手袋も問題。多くの店が客に見せるためだけにしていて、何をするにも同じ手袋を使い続けている。それなら素手で作業し、こまめに消毒した方が衛生的だ」「トイレに行った後、手を洗わずに調理する店員を何度も見た。外で買わないのが一番」「キンパを巻くたびに手袋を交換する店は見たことがない」「これからは専門店よりコンビニのキンパが売れるだろう」など不安や批判の声が続出している。(翻訳・編集/堂本

この記事のコメントを見る

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携