「越えられない壁」だった日本を、韓国が多くの経済指数で上回る―韓国メディア

Record China    2021年8月12日(木) 16時20分

拡大

12日、韓国メディア・マネートゥデイは、「30年前までは『越えられない壁』と思われていた日本を、韓国が主要な経済指標で上回った」と報じた。写真は東京。

2021年8月12日、韓国メディア・マネートゥデイは、「30年前までは『越えられない壁』と思われていた日本を、韓国が主要な経済指標で上回った」と報じた。

記事によると、スイスの国際経営開発研究所(IMD)がマクロ経済や政府・企業の効率性、保健環境・教育インフラなどを分析し、国家競争力を総合的に評価する「世界競争力ランキング2021」において、韓国は64カ国のうち23位、日本は31位だった。1995年には韓国が26位で日本は4位だったが、約四半世紀を経て順位が逆転した。

また、ムーディーズやS&P Global Ratings、フィッチ・レーティングスら3大格付け会社による格付けでも、韓国が日本より2段階高く評価されていることが分かったという。S&Pによる格付けでは、1990年には日本が「AAA」で韓国は4段階低い「A+」だったが、21年は韓国が「AA」で日本は「A+」だった。

製造業の競争力でも韓国は日本を上回った。国連工業開発機関(UNIDO)の工業競争力指数(CIP)では、1990年は日本が2位で韓国が17位だったが、2018年には韓国が3位に上がり、日本は5位に落ちた。

1人あたりの名目GDPについても、1990年は韓国は6610ドル(約73万円)で日本の25.5%の水準にとどまっていたが、2020年には3万1497ドル(約348万円)に増え78.5%にまで追いついたという。輸出額も2020年には5130億ドル(約57兆円)となり、日本の80%水準にまで成長した。

しかし記事は、「経済指標では日本を上回っているものの、科学技術や基礎技術の分野では依然として格差が大きい」と分析。2020年の時点で、世界の研究開発(R&D)支出トップ1000社に日本は韓国より5倍以上もの企業がランクインしており、韓国の素材・部品分野での対日赤字額は、1994年と比較し2020年には2倍近く増加している。基礎科学や基盤技術力を示すノーベル賞についても、韓国はいまだ受賞者がいないものの、日本は物理・科学分野などで20人以上輩出している。

韓国・全国経済人連合会のキム・ボンマン国際協力室長は、「韓国経済が持続的に成長するためには、日本との格差が依然として大きい科学技術力を伸ばさなればならない」とし、「それには政府の積極的かつ長期的な研究開発支援が必要だ」と語っている。

この記事を見た韓国のネットユーザーからは、「おめでとう。韓国ファイト!」「文政権はすごい。文大統領を尊敬します」「『もう二度と日本には負けない』という文大統領の言葉が胸にしみる」「こんなに成功しているのに、なぜ政権交代する必要が?」「南北統一さえすれば、日本はもうわれわれの敵じゃない」など、喜びの声が相次いでいる。

一方では「油断してはいけない。ずる賢い日本人は今も何を企んでるか分からない」「緊張を緩めずに、これまで稼いだお金で基盤技術を確保しよう。日本は潜在力のある国で、まだ韓国が学ぶところは多い」など、警戒するコメントも見られた。(翻訳・編集/丸山

この記事のコメントを見る

難しい文法もAちゃんがやさしく解説!楽しみながら「おもてなし中国語」をマスターしちゃおう!
購入はこちら

新疆ウイグル自治区を150回以上訪問、『現代の阿倍仲麻呂』と呼ばれている小島康誉氏。人気コラムが待望の書籍化!購入はこちら

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携