最新の卓球世界ランキングで伊藤美誠を抜いた中国の孫穎莎は冷静な反応

Record China    2021年8月11日(水) 18時20分

拡大

卓球の最新の女子世界ランキングで、日本のエース、伊藤美誠を抜いて2位となったことについて、中国の孫穎莎は冷静なコメントをしている。

国際卓球連盟(ITTF)は3日、2021年第31週の世界ランキングを発表した。

女子世界ランキングは、東京五輪の女子シングルスの結果を反映。優勝した中国の陳夢(チェン・モン、27)が前回から引き続き1位。準優勝した中国の孫穎莎(スン・インシャー、20)と3位の日本のエース、伊藤美誠(20)の順位が入れ替わり、孫は3位から2位へと順位を上げた。

中国での報道によると、孫は伊藤を抜いて2位となったことについて、「私たち2人にはほとんど差がない」「世界ランキングはあまり意味を持たないと思う」などとコメントした。

中国版ツイッターの微博(ウェイボー)では、孫のコメントについて、中国のネットユーザーから「とても冷静」「大国の風格」「大人の振る舞い」「大将之風(皆に敬服されるような風格を備えていること)」「2人のライバル関係、これからも楽しみ」などの声が寄せられていた。(翻訳・編集/柳川)

この記事のコメントを見る

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携