日本人が思う「中国人が最も嫌いな国」は韓国!?に反響続々―中国ネット

配信日時:2014年5月15日(木) 1時20分
日本人が思う「中国人が最も嫌いな国」は韓国!?に反響続々―中国ネット
画像ID  421553
14日、先日、中国のインターネット掲示板に「日本人は、中国人が最も嫌いな国は韓国だと考えている」と題するスレッドが立ち、多くのネットユーザーが注目している。資料写真。
2014年5月14日、日中・日韓関係の緊張に伴い、「反日」で共闘する中国と韓国は政治においては非常に良好な関係が築かれている。11日、韓国・聯合ニュースは、日本植民地時代に中国に創立された大韓民国臨時政府の軍隊「光復軍」の記念碑の除幕式が今月末にも、中国の西安市で行われる見通しだと伝えた。また、9日には韓国政府代表団が今年初めに中国ハルビン駅にオープンした安重根義士記念館を初訪問し、中国に謝意を示す行事を行っている。

その他の写真

一方で、韓国が「端午の節句」や「オンドル」、「活字印刷」など、中国の文化とされているものを次々と「自国の文化である」と主張したり、国際的なスポーツイベントで韓国選手や韓国ファンが横暴な振る舞いをしたりすることに、中国人が怒りを露わにすることもしばしばだ。

そのようななか、先日、中国のインターネット掲示板に「日本人は、中国人が最も嫌いな国は韓国だと考えている」と題するスレッドが立ち、多くのネットユーザーが注目している。以下は、寄せられたコメントの一部。

「その通り」
「日本人の嫌いな国は1位韓国、2位中国、3位米国だろう?」

「日本人も耐えられないのだろう。韓国人は世界を韓国化し、すべての物は韓国が発明したことにしようとしている」
「文化の面では、やはり日本人と共に韓国人をやっつけるべきだ」

「韓国は先進国を自称しているがまだ発展途上国」
「私の親戚は韓国にいるが、韓流ドラマは嘘っぱちだと言っている」

「中国人が嫌いな国ランキングの1位は韓国。日本は好きな国でも嫌いな国でも上位にランクインする」
「中国が日本を嫌っているのは偽り。日常生活のなかでは多くの日本人が友好的だ。中国が韓国を嫌っているのは真実。いつも中国人を下に見ている」

「中国人が日本人を嫌いな理由は主に歴史。しかし、アジアの国のなかで日本人の素養が高いことは否定できない。一方、韓国人を嫌いな理由は単純に、過度な自尊心、狭い視野、中国人に対する蔑視。でも、これはメディアの報道とも大きな関係があるように思う」(翻訳・編集/北田
最新ニュースはこちら

SNS話題記事