ドイツ駐日本大使館のツイートに、日本のネットユーザー怒り―中国メディア

Record China    2021年8月11日(水) 13時20分

拡大

10日、観察者網は、長崎の原爆投下記念日に駐日ドイツ大使館が発したツイートに対し、日本のネットユーザーから怒りの声が出ていると報じた。写真は広島の原爆ドーム。

2021年8月10日、中国メディアの観察者網は、長崎の原爆投下記念日に駐日ドイツ大使館が発したツイートに対し、日本のネットユーザーから怒りの声が出ていると報じた。

記事は、ドイツ大使館のツイッターアカウントが9日、1945年のこの日に長崎に原爆が落とされたことを紹介し「私たちは今日、犠牲となった何十万人の人々を追悼します」とツイートし、さらにこのツイートにリプライする形で「広島と長崎は、核戦争の狂気を物語る象徴的存在です。発端は、ドイツと日本のナショナリズムと軍国主義によって始まった戦争でした」と解説したことを伝えた。

そして、「ドイツと日本のナショナリズムと軍国主義によって始まった戦争」という記述に日本の一部ネットユーザーが怒りを示し、「ふざけるな、日本はナチスのように絶滅収容所を作ったりしていない」「日本は国策として、あなた達から多数のユダヤ人を救出しました。まさか知らないのですか」「日本の戦争は、あなた方欧米諸国と米国によるアジア植民地政策によって虐げられてきたアジア諸国を解放するため」「日中戦争が泥沼化した原因は、ドイツが中国に武器を売りまくったこと」など、批判的なコメントが寄せられたとした。

また、駐日オランダ大使館のツイッターアカウントが同日発表した追悼メッセージを紹介した上で「えらい違いだな」とするユーザーもいたと紹介。一方で「日本は実際アジアを侵略した。どんな悪い過去でも受け止めて、未来へ繋げるのが本当の愛国心だと思う」など、ドイツ大使館に対する批判的なコメントをたしなめるユーザーも見られたものの「その数は相対的に少なかった」と伝えている。(翻訳・編集/川尻

この記事のコメントを見る

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携