韓国の人気のり巻き店で集団食中毒が発生、199人が感染=韓国ネット「不衛生な店は厳罰に」

Record China    2021年8月7日(土) 22時20分

拡大

韓国のキムパプ専門店「清潭洞 魔女キムパプ」で集団食中毒が発生し、199人の患者が症状を訴えている。写真はキムパプ。

韓国のキムパプ(のり巻き)専門店「清潭洞 魔女キムパプ」で集団食中毒が発生し、199人の患者が症状を訴えている。8月5日、韓国・国民日報が報じた。

記事によると、集団食中毒が発生したのは、フランチャイズ店である「清潭洞 魔女キムパプ」の城南市・盆唐地域にある2つの支店。2店舗でここ5日間に販売されたキムパプは4200本以上であり、これを食べた人は1000人に達するとみられている。5日の午前5時時点で食中毒の症状を訴えた患者は199人に上り、1つの支店では7月29~30日、別の支店では8月1~2に購入した客の間で集中的に発生しているという。

京仁地方食品医薬品安全庁がソウル大学病院に入院した患者5人に対し検査を行ったところ、1人からサルモネラ菌が検出され、残りの4人にもサルモネラ菌に感染した痕跡が見られた。城南市の関係者は「他の患者やキムパプ店のまな板や食器などから検体を採取し、京畿道保健環境研究院に精密検査を依頼しているところであり、最終的な結果は9~10日ごろに出る予定」としている。

今回食中毒が発生したキムパプ店は、20年5月に開店して以来、同年8月にも「調理の際に手袋をしていない」「ごみ箱を触っている」など、衛生面でのクレームが寄せられていたという。キムパプ店側は、5日に公式ホームページやSNSに謝罪文を掲載。「検査結果に応じ、処分を甘んじて受ける。恐ろしいのは事実だが、逃げたり隠したりはしない」とし、「被害に遭った最後の1人まで、最善を尽くして支えることを約束する」と語っている。

この記事を見た韓国のネットユーザーからは、「7月19日に別の店舗でキムパプを買って5日間高熱と腹痛に苦しんだ。治療費もだけど、5日も無駄にしたことに腹が立つ」「キムパプ店の衛生問題は本当に深刻。厨房から離れた場所で、切った食材をまな板の上で巻いて作るんだから」「卵を割った手を洗わなかったんだろ。手袋をしてもあちこち触っていたら意味がない」「他の店舗も早急に調査すべき」「不衛生な食品を売る店は厳罰に処して」「清潔な食堂はほぼない。外食をしないのが正解」など、不満の声が相次いでいる。(翻訳・編集/丸山

この記事のコメントを見る

難しい文法もAちゃんがやさしく解説!楽しみながら「おもてなし中国語」をマスターしちゃおう!
購入はこちら

新疆ウイグル自治区を150回以上訪問、『現代の阿倍仲麻呂』と呼ばれている小島康誉氏。人気コラムが待望の書籍化!購入はこちら

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携