華やかだった時代の日本は終わった、「韓国の若い世代は追い越しの時代に」と主要紙

Record China    2021年8月9日(月) 12時0分

拡大

「華やかだった『ギンギラギンに』の時代の日本は終わった」との記事を韓国紙が掲載。「韓国の若い世代は『追い越しの時代』を生きている」と指摘した。写真は2021年夏の渋谷。

「華やかだった『ギンギラギンに』の時代の日本は終わった」との記事を韓国・ハンギョレ新聞が掲載した。この中では「1980~90年代に韓国が憧れた日本はバブルがはじけ、韓国の若い世代は『追い越しの時代』を生きている」と指摘。「羨望(せんぼう)ではなく、パートナーとして互いを捉えるべき」と訴えた。

80年代の韓国について同紙は「当時、韓国は日本に到底追いつけない辺境の国だった」と回顧。「80年の韓国の国内総生産(GDP)は日本の17分の1ほどにすぎなかった。韓国の1人当たりの国民所得は1686ドルだった。日本は1万ドルに近かった。日本は先進国で韓国は貧困から抜け出し始めた発展途上国だった」と振り返った。

記事によると、文化も当然違っていた。金大中政権が日本文化を解禁したのは98年で、違法なルートで入ってきた日本文化は80年代に小学生だった筆者から見ても信じられないほど先進的だった。貿易船の船長として働いていた父親は、たびたび日本の雑誌を持ち帰った。日本語は全く分からなかったが、すぐにその雑誌のとりこになった。艶やかで鮮明なカラーページは、韓国の雑誌とは比べ物にならなかった。胸が苦しくなるほど日本文化に憧れていた。

当時、子どもたちの間で突然はやったのは近藤真彦が81年にリリースした「ギンギラギンにさりげなく」。違法カセットテープに録音されていたこのポップなダンス曲はかなり中毒性があり、ずっと口ずさんでも飽きなかった。そのころ、韓国歌謡界にはダンス曲と言えるようなものがほとんどなく、80年代の韓国の小学生にとって「ギンギラギンに」は巨大なカルチャーショックだった。

記事は「90年代になると、近藤真彦はやや古い存在になった。『ギンギラギンにさりげなく、そいつが俺のやり方、ギンギラギンにさりげなく、さりげなく生きるだけさ』と自信たっぷりに歌っていた時代は終わりを迎えていた」と言及。「東京の不動産を売れば米国も買えるという時代が幕を下ろそうとしていた。90年代が過ぎ、バブルははじけた。ものすごい音を立てて消え去った。失われた10年が間もなく始まるところだった」と続けた。

さらに「韓国の10代と20代にとって日本は、生活レベルは韓国とあまり変わらないが、街が少し強迫的で清潔な国にすぎない」と論評。「誰も日本のドラマを見て東京にあこがれを抱いたりしない。中年以上の韓国人は依然として日本に対して妙な劣等感を持っているが、新しい世代にはもう劣等感はない。彼らはすでに追い越しの時代を生きている」と述べた。

その上で「もしかすると、韓国と日本はやっと本音で語り合い、互いを同等なパートナーとして見られる時期を迎えたのかも知れない」と強調。「日本に憧れた20世紀の少年たちの時代は過ぎ去った。21世紀の、友人の時代の幕が上がっている」と結んだ。(編集/日向)

この記事のコメントを見る

難しい文法もAちゃんがやさしく解説!楽しみながら「おもてなし中国語」をマスターしちゃおう!
購入はこちら

新疆ウイグル自治区を150回以上訪問、『現代の阿倍仲麻呂』と呼ばれている小島康誉氏。人気コラムが待望の書籍化!購入はこちら

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携