馬術の会場が「怖い」、中国ネットでも話題に

Record China    2021年8月6日(金) 6時20分

拡大

4日、中国版ツイッター・微博で、東京五輪の馬術競技コースに設置されている日本文化をデザインした障害物の数々が「リアルすぎて怖い」と話題になっている。

2021年8月4日、中国版ツイッター・微博で、東京五輪の馬術競技コースに設置されている日本文化をデザインした障害物の数々が「リアルすぎて怖い」と話題になっている。

微博の複数の個人アカウントが4日、東京五輪の馬術競技会場に設置された障害物のデザインを紹介する書き込みを画像付きで発信した。今大会の馬術競技では、馬が飛び越える柵の障害の周囲に日本文化を代表する物をイメージしたモニュメントが設置されており、舞妓の顔、力士、東京スカイツリー、だるまといったユニークな「障害物」が注目を集めた。

あるアカウントは、柵の横に設置されたリアルな力士像を見た馬が柵の前で止まり、驚いた様子で後ずさりしながら柵や力士像を避けるように通る様子や、柵の手前に設置されただるまのにらみに動揺したのか、ジャンプした際に柵の棒に足を引っ掛けてしまう馬の様子を紹介。多くの馬がリアルすぎる障害物に驚き、続々とジャンプに失敗したと伝えている。

この件について、中国のネットユーザーは「おいおい、馬がなにか悪いことでもしたというのか」「馬だけじゃなくて、人間もビビるわ」「なんだかあの世のような世界観」「日本の馬はこういうのに慣れているのだろうか」「こんなアイデアを思いつくのは日本人くらい」「これは夜に試合をやったらイカン」「日本人はこんなことをしてまで自国選手に金メダルを取らせたいのか」といった感想を残している。

また「これは確かにとても大きな障害になっている」とし、調教技術の高さを競う馬術競技における障害物としての役割を十分に果たしているとの見方をするユーザーも見られた。(翻訳・編集/川尻

この記事のコメントを見る

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携