東京五輪、中国のアスリートがつくるハートに思わず胸きゅん―中国メディア

人民網日本語版    2021年8月4日(水) 12時10分

拡大

東京五輪ではメダルを獲得した中国の選手がさまざまな「ハート」をつくって喜びを表している。

(1 / 9 枚)

【音声ニュースを聴く】

その他の写真

7月30日に、東京五輪卓球男子シングルスで金メダルを獲得した中国の馬龍は、両手で頭の上に「ハート」をつくって喜びを表した。2016年のリオデジャネイロ五輪で金メダルを獲得した際にも両手で胸の前にハートをつくった馬龍は、今回のインタビューで「前回よりも大きなハートをつくろうと思った」と話した。

1日に行われた東京五輪・女子板飛込決勝は、施廷懋が383.50点で制し、五輪2連覇を決めた。表彰式終了後、中国の飛込界のレジェンド・郭晶晶さんや、2016年に現役を引退した世界チャンピオンの陳若琳さんも駆け寄ってきて、施選手を囲んでハートをつくり、記念写真を撮影していた。中国の飛込界のスター3人が勢揃いした瞬間だった。

射撃の女子10メートルエアライフルで金メダルを獲得した楊倩が頭の上でつくった大きなハートや、競泳男子200メートル個人メドレーで金メダルを獲得した際に汪順が手でつくった「難易度」の高いハート、体操の肖若騰や重量挙げの李雯雯など、中国のアスリートが送る「愛のメッセージ」を、あなたは受け取っただろうか?(提供/人民網日本語版・編集/KN)

この記事のコメントを見る

難しい文法もAちゃんがやさしく解説!楽しみながら「おもてなし中国語」をマスターしちゃおう!
購入はこちら

新疆ウイグル自治区を150回以上訪問、『現代の阿倍仲麻呂』と呼ばれている小島康誉氏。人気コラムが待望の書籍化!購入はこちら

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携