アンディ・ラウがデビュー40周年記念のライブ配信、視聴者数は驚異の1億人を達成

Record China    2021年8月1日(日) 20時40分

拡大

香港の俳優アンディ・ラウが29日、デビュー40周年を記念してトークを繰り広げるライブ配信を開催。瞬間最高で8334万人、視聴者の総数では1億人を達成する空前の人気ぶりを示した。

香港の俳優アンディ・ラウ(劉徳華)が29日、デビュー40周年を記念してトークを繰り広げるライブ配信を開催。瞬間最高で8334万人、視聴者の総数では1億人を達成する空前の人気ぶりを示した。

今年1月、ショートムービーアプリTikTok(ティックトック)の中国国内版「抖音」(ドウイン)にいきなり参戦して世間を驚かせたアンディ・ラウ。29日夜には、1981年のデビューから40周年を記念して、「抖音」でライブ配信を開催。当初は90分の予定だったところ、2時間を超える配信となり、投げ銭などは一切なく、司会者と共に和気あいあいと純粋にトークを繰り広げる内容となった。

アンディ・ラウをはじめ、香港のテレビ局・無線電視(TVB)の俳優養成所の出身者5人による「五虎将」は80年代、アイドル俳優として一世を風靡(ふうび)した。この日のライブ配信では、「五虎将」の仲間から寄せられたビデオメッセージが注目の的に。中でも最も盛り上がったのは俳優トニー・レオン(梁朝偉)のメッセージで、「ずっと健康で、仕事が順調でありますように」と愛に満ちた祝福の言葉を贈っている。

このライブ配信でアンディ・ラウは過去40年を振り返り、貴重な秘話も披露している。ブレークのきっかけとなった作品の1つ、82年公開の映画「望郷 ボートピープル/投奔怒海」では、もともとアンディ・ラウが演じた役を、チョウ・ユンファ(周潤發)が演じる予定だったが、当時の台湾との関係から降板を余儀なくされた。当時、出演を迷ったアンディ・ラウがチョウ・ユンファに意見を求めた時、「絶対に出るべき。出たら必ず人気者になれる」と激励されたことを明かしている。

今年1月に「抖音」を始めたアンディ・ラウは、アカウント開設から半日でフォロワーが1000万人を突破、24時間で2000万人を突破し、同サービスの過去最速記録をマーク。なお、「抖音」の1日あたりのユーザー数は現在約6億人と発表されているが、アンディ・ラウの29日のライブ配信には1億人が集まったため、6人のうち1人が視聴していたことになる。(Mathilda

この記事のコメントを見る

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携