<日中識者対談第20回>反撃に出た中国

Record China    2021年7月30日(金) 17時30分

拡大

シャーマン米国務副長官と中国側との会談はどう考えても米国が米中首脳会談をしたいと言わんばかりに出かけていって、中国側が米国のメンツを立て王毅外相まで出して応対したがその実態は中国の攻勢だった。

中国天津市で行われたシャーマン米国務副長官と中国側との会談はどう考えても米国が米中首脳会談をしたいと言わんばかりに出かけていって、中国側が米国のメンツを立て王毅外相まで出して応対したがその実態は中国の攻勢だった。   折しも富坂聰氏が『「反中」亡国論』という書籍を出版。「中国が覚悟を固めた」と対米従属の日本に警鐘を鳴らしている。今回の元外交官の天木直人氏と福井県立大学の凌星光名誉教授による「凌天対談」は同書籍の内容に触れながら、米中関係のこれからを予想し日本の取るべき道を提唱する。詳しくは動画をご覧ください。

この記事のコメントを見る

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携