日本選手に水中で押さえ付けられた中国選手が怒りの投稿―中国メディア

Record China    2021年7月29日(木) 16時0分

拡大

28日、観察者網は、東京五輪水球女子の日本ー中国戦で、日本の選手が中国選手を水中に押さえ込んだまま泳ぎ続ける危険なシーンがあったと報じた。

2021年7月28日、観察者網は、東京五輪水球女子の日本ー中国戦で、日本の選手が中国選手を水中に押さえ込んだまま泳ぎ続ける危険なシーンがあったと報じた。

記事は、28日に午後に行われた日本ー中国戦で、中国が16−11で日本に勝利して3戦目で初勝利を挙げたと紹介。一方で、喜ばしい結果の裏で「非常に穏やかでない一幕があった」とし、試合中に日本の選手が中国の陳笑(チェン・シアオ)選手の上に乗り、陳選手を水中に押し付けた状態のままで泳ぎ続け、陳選手が手を挙げてアピールしたにもかかわらず、審判は日本選手の反則を取らなかったと伝えた。

そして、試合を終えた陳選手が微博を更新し「勝利はわれわれのものになった。みんな素晴らしかった。そして日々を苦労なく過ごしている日本の選手よ、私の体の上で泳いで楽しかったか」と日本選手に対する怒りをぶつけたと紹介している。

記事は、日本選手のプレーについて中国のネットユーザーからも怒りの声が続出しており「本当に危ないプレーでびっくりした」「こんなにあからさまな圧迫行為なのにファウルを取られないってどういうことなのか」といったコメントが寄せられたことを伝えた。(翻訳・編集/川尻

この記事のコメントを見る

難しい文法もAちゃんがやさしく解説!楽しみながら「おもてなし中国語」をマスターしちゃおう!
購入はこちら

新疆ウイグル自治区を150回以上訪問、『現代の阿倍仲麻呂』と呼ばれている小島康誉氏。人気コラムが待望の書籍化!購入はこちら

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携