卓球とテニス、日本が金メダルの期待をかける2大球技でまさかの波乱―中国メディア

Record China    2021年7月28日(水) 13時0分

拡大

28日、海外網は、東京五輪のテニスと卓球で日本代表に大きな波乱があったと報じた。資料写真。

2021年7月28日、海外網は、東京五輪のテニスと卓球で日本代表に大きな波乱があったと報じた。

記事は、開会式で最終聖火ランナーを務めた大坂なおみが27日に行われたテニス女子シングルス3回戦でチェコのボンドロウソバに0−2でストレート負けしたと紹介。金メダルが有力視され、本人も意欲を見せていた中で番狂わせの敗退となったことを伝えた。

そして、大坂の敗戦に対して多くの日本のネットユーザーが「第1シードのバーティだって1回戦で敗れたし、試合に『絶対』はないということ。かつべき試合だったが、五輪の重圧があったのかも知れない。それは本人にしかわからないから、私はお疲れさまと言いたい」といった慰めのコメントを寄せたとする一方で、「本調子ではなく、力を出し切れていなかった」といった評価や「なぜ彼女が最終ランナーに選ばれたのかが分からない。過去の金メダリストやスポーツ界に偉大な功績を残した人を選ぶべきだったのではないか」といった、試合には関係のない疑問の声まで敗戦によって飛び出したことを紹介している。

また、同日には卓球でも波乱があったとし、男子シングルスで金メダルの大きな期待がかけられていた張本智和がスロベニアのダルコ・ヨルギッチに3−4で競り負けて4回戦敗退となり、ベスト8にも入ることができなかったとした。さらに同種目に出場しているもう一人の日本人選手である丹羽孝希もドイツの選手に敗れて同じく4回戦敗退となり、同種目の日本勢は早々に全滅する形となったことを伝えた。(翻訳・編集/川尻

この記事のコメントを見る

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携